« 沖の鳥島のニュース | Main | OECD学習到達度調査の考察 »

December 14, 2004

OECD学力調査

OECD12月7・8日あたりのニュースで「OECD学力調査」の結果に対する特集が組まれていました。読解力のランクが落ちたことなどを挙げ、
「世界首位レベルから転落」
「学力トップ」陥落の衝撃
といった見出しでセンセーショナルに扱っていました。
 しかし、まずは自分の読解力で、調査結果を分析してみないとね。 なにせ、読解力の定義は次のものです。
 ============================
 読解力とは、「自らの目標を達成し、自らの知識と可能性を発達させ、効果的に社会に参加するために、書かれたテキストを理解し、利用し、熟考する能力」である。
=============================
 今回の結果(テキスト)を熟考し、世に問うこと(社会参加)できなければ、我々教師も読解力がないということです。

ちなみに、この調査の詳細は文部科学省のこのレポートが第1級資料になります。

 ★画像(データ)はクリックすると大きくなります

|

« 沖の鳥島のニュース | Main | OECD学習到達度調査の考察 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference OECD学力調査:

« 沖の鳥島のニュース | Main | OECD学習到達度調査の考察 »