« 選挙に行く人間を育てる | Main | 自由な時間が「問いの情熱」を育む »

January 08, 2005

宿題プラスαの生徒

 本日は3学期の始業式。
 いろいろ批判はあるでしょうが、冬休みの課題を課し、本日回収をいたしました。
 中2の国語科は、冬休みのワークではなく、資料集(国語便覧)の「故事成語」をノートに書き写すという作業を課しました。故事成語22個の意味を書きます。便覧には「成り立ち」も解説してありますが、そこは写さなくてもいいことにしました。まあ、それだけといえばそれだけ。でも漢字もけっこうあるので勉強にはなるだろうと・・・。そりゃあ、ていねいな子、雑な子、出さない子などさまざまですけどね。
 その中で一人、故事成語を書き写した後で「ちょっと一言」と感想を書いてくれた子がいました。
 ====================
 なんかこんなに故事成語を真けんに見たのは初めてだったから、故事のそれぞれの成り立ちを見て納得したものや、昔風な考えやいろいろなエピソードがあっておもしろかった。ちなみに印象に残った故事は「蛍雪の功」です。
 =====================
 このような感想を期待していたわけではないので、とてもうれしかった。そして、少なくともこの子にとって、今回の宿題は決して無駄ではなかったということを確信しました(その子は、これまで作文を目立って書いてきたというわけではない)。
 実際に感想を書くかどうかは別にして、全員がこのような思いを抱きながら課題をこなしていてくれたら、と思います。
 何のために故事成語を書き写させるの?と聞かれたら、このような思いを感じてほしいからと答えよう。
 
 たった一人の事例で大きな結論を出すのもおこがましいが、思いうかぶキーワードは「情報の蓄積」です。
 
 

|

« 選挙に行く人間を育てる | Main | 自由な時間が「問いの情熱」を育む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 宿題プラスαの生徒:

« 選挙に行く人間を育てる | Main | 自由な時間が「問いの情熱」を育む »