« 「京都議定書」本日発効 | Main | 寺脇研氏の発言 »

February 19, 2005

重松清の世界『舞姫通信』

016729680000
 テーマは「自殺」「死」。もちろん「死」の問題は「生きる」の問題でもある。
 ある高校を舞台とし、ある教師を主人公としているので、教師の僕には設定場面に親近感があった。
 「普通に会話しているが、実はその生徒の名前がよく分かっていない」というのは僕も経験したことがある。
 それでも、作品全体にはリアリテイがない(そのことを批判するつもりはないが)。
 女子高生の1人が自殺すること・双子の兄が理由もなく自殺すること・心中未遂の青年をアイドルスターにしたてること。
 これらが見事にリンクし合っている展開が、ある意味で見事すぎて、「出来過ぎ」のような感覚が残ったのである。
 一番リアリテイのないのが、双子の兄の恋人であり、アイドルスターの仕掛け人である「佐智子」。
 佐智子の心情に踏み込んだ描写がないだけに彼女の行動の真意が今一つかめない。それは主人公にとっても同じなのである。
 それにしても作品の中で「舞姫通信」が出るタイミングがいい。
 「舞姫通信」は舞台となる高校の生徒に向けて発信されたメッセージであるが、同時に作者が読者に向けたメッセージにもとれる。
 僕などは、そろそろ「舞姫通信」が出てくるかな、と何度か期待した。生徒が期待するような気持ちとシンクロしてしまった。
 そして最後に教師2人が合作して書こうとした「舞姫通信」。これが見事なクライマックスとなっていた。
 この作品のストーリーは、結局のところ、(生徒には届かない)このラストの舞姫通信のために書かれているんだな、全てが、ラストの「舞姫通信」のための布石なんだなと思えた。
 そこらあたりもまんまとのせられてしまったようで、見事だなあと思う。
 「見事だなあ」と言いながら、実は、あまり、おすすめしていない。
 「よかったー」と思えるような感覚がなかったからだ。まあ「自殺」がテーマだから仕方ないか。

|

« 「京都議定書」本日発効 | Main | 寺脇研氏の発言 »

Comments

You ought to be a part of a contest for one of the most useful websites on the net. I'm going to recommend this site!

Posted by: tongue studs | May 31, 2014 at 04:16 PM

Link exchange is nothing else except it is simply placing the other person's blog link on your page at appropriate place and other person will also do same in favor of you.

Posted by: Panasonic automatic bread maker | June 01, 2014 at 11:58 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/2993518

Listed below are links to weblogs that reference 重松清の世界『舞姫通信』:

» 連載情報 (2005/2/27現在) [今宵、重松作品を語ろう!]
ご参考までに重松さんの雑誌(週刊誌)連載中(連載終了)の作品を並べてみました。(単発短篇は除く)レビュアー全員にトラックバックさせていただいております。新たな情... [Read More]

Tracked on February 27, 2005 at 09:23 PM

» 「舞姫通信」重松清 [AOCHAN-Blog]
タイトル:舞姫通信 著者  :重松清 出版社 :講談社ノベルス 読書期間:2005/05/19 - 2005/05/23 お勧め度:★★★ [ Amazon | bk1 | 楽天ブックス ] ラストシーンは、もう始まっているのかもしれない。人は、誰でも、気づかないうちに人生のラストシーンを始めている。17歳で死んだ「自殺志願」のタレント城真吾にとっては、16歳は晩年だった。城真吾は教えてくれた。人は死ねる。いつ。いつか。いつでも―。でも、僕は思う。僕の教え子の君たちの「いつか」が、ず... [Read More]

Tracked on May 24, 2005 at 01:05 PM

» 重松清「舞姫通信」 [たつパパ★南北線]
大学での研究生活から離れ,私立の女子高に赴任した古文教師・岸田宏海。彼に重くのしかかる三つの“自殺”を通して,生きることの意味を問う物語。 学校で十年前に起きた生徒“舞姫”の自殺。彼女をたたえ,生徒の間で代々書き続けられてきた「舞姫通信」という謎の文書。それを躍起になって回収する古参教師。その行動の背景が重く,深い。 五年前に飛び降り自殺した宏海の双子の兄・陸男。顔も声も皆同じという�... [Read More]

Tracked on March 26, 2006 at 07:12 PM

« 「京都議定書」本日発効 | Main | 寺脇研氏の発言 »