« February 2005 | Main | April 2005 »

March 23, 2005

重松清の世界 「流星ワゴン」

021305820000 まだまだ読破数の少ない重松作品だが、今回の『流星ワゴン』は『きよしこ』を抜いて僕の中のランキング1位になった。
 『本の雑誌』が選ぶ02年の年間第1位だそうだ。それも分かる(知らなかったけど)。
 重松清の他作品でも登場する「いじめ」「親子関係(年老いた親)」「夫婦の危機」「リストラ」といったシリアスな内容が、散りばめられている。流星ワゴンに乗っているのは初めてのドライブで交通事故にあった父と子で、この2人のエピソードだってだってずいぶん重く悲しいものである。
 にも、かかわらずこの作品は嫌味な重さがない。読後感に重苦しさがない。
 流星ワゴンは人生の分岐点に運んでくれる。1回目の場所では過去を変えることのできない悲しさが漂うが、2回目・3回目はそれなりに過去を変えること・新しい現在を構築することに果敢にチャレンジする。その行動力が爽快感につながっているのだろう。わだかまりのあった父との和解も作品全体の雰囲気を和ませている。
 先日『葉っぱのフレデイ』を読んで「生きること・死ぬこと」について考えさせられた。
 同じように、この作品は「生きること・死ぬこと」を考えさせる。
 満足して死んでいくことは、納得した生き方をすることだ。
 健太親子の生き方・死に方、主人公の親父の生き方・死に方、そして主人公の家族の生き方・・・『葉っぱのフレデイ』よりもさまざまな生き方が交錯している。
 主人公は38歳、僕は現在43歳。
 年代が重なるから共感できるのだろうか。自分も生き方・死に方を考える時期にきたからだろうか。
 重松清から中年男への強烈なエールの1冊である。
 

| | Comments (2) | TrackBack (5)

March 17, 2005

3月16日「竹島の日」制定

 3月16日、島根県議会が「竹島の日」を制定した。→ここ
当然のことである。竹島については先日も書いた→ここ
日本政府は竹島を自国の領土として認識している。
しかし、韓国も領土を主張し、警備隊を常駐させ灯台やヘリポートを建設し、50年以上経過している。
中日新聞夕刊の言葉を借りれば「実行支配している」。島根県議会は「不法占拠」と発言している。
日本の領土であるという認識なら韓国が領土を侵しているのだ。強く抗議するのが当然で、抗議される筋合いではない。
ところが新聞は、韓国の反応ばかり気にしている。
そもそも「日韓両国が領有権を主張している島根県沖の竹島(韓国名・独島)をめぐり・・」だと。
見事な修飾語だ。記事の冒頭から自国の領土であることを否定するトーンなのである。
竹島の領有権は外務省の公式見解である。
韓国も主張しているから中立的立場で「日韓両国が領有権を主張」など、あまりに不可思議な表記である。
 おまけに記事内容には
・日韓関係に影響深刻
・韓国内で反日感情がさらに高まるのは必至。
・韓国世論の怒り助長
などの表現が飛び交っていた。
 このあたり、冷静なネットのニュース記事と全く表現内容が違うのだ。
 テレビでも韓国で小泉首相の顔を書いたボードを掲げたり、日の丸を焼く抗議シーンが映された。
 日本の立場を主張するなら、不法占拠の様子こそ映すべきだ。
 韓国の不法占拠を正すため(抗議するため)「竹島の日を制定した」という報道でいいではないか。
 
 新聞をよく読むと「県土・竹島を守る会」事務局長の梶谷万里子さんの談話で
=================
(前略)これが竹島問題を国際司法裁判所へ提訴する第一歩になれば
==================
と書いてある。
 
 神谷不二慶応大名誉教授の話も
==================
 日韓双方の主張が長く平行線をたどっている現状を考慮すれば
両国が合意の上で国際司法裁判所に提訴し、判断を仰ぐのが最良だ。
===================
とある。両国の意見が平行線なら、それが一番である。
 そういうまっとうな意見をすみに追いやって、韓国の抗議ばかりを大きく扱うのは、まさにミスリードである。
 両論併記・中立的立場の名を借りた韓国よりの情報操作である。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「葉っぱのフレデイ」

fredy
 写真は市販の絵本であるが、私が読んだのは光村教育図書の中2の国語の教科書である。
 恥ずかしいことを承知で言うと、これまで「葉っぱのフレデイ」は読んでいなかった。
 「ちょっと流行して芸能人が涙した絵本」という触れ込みが気に入らなかったのだ。
 でも、教科書にあるので読んでみることにした。
 そして、読んで驚いた。自分が40歳を過ぎたせいか、とにかく心にしみてしまったのだ。
 書評で検索したら「こんな説教っぽい絵本はいらない」という意見があった。
 作者は哲学者である。易しい哲学書だと思えば、そこまでケチをつけることもないだろう。
というより、この本は、むしろ子供向けだと思わない方がいい。
 あるクラスの子の感想は「1人で家で読んだら泣いていたかもしれない」だった。
 聞くところによると、一時期この作品が入試問題に(中学や高校)多く出されたことがあり、試験の最中に泣いてしまった子がいるのだとか。確かに感情移入する子なら泣けてしまうと思う。
 3月の終わりで国語の授業もあとわずか。
 最後の2時間分の授業(1時間分の授業)は、「葉っぱのフレデイ」を授業すると決めた。
 1時間はCDを聞いて、簡単に説明して感想をノートに書かせる。
 さて、問題は次の時間だ。
 この1時間で「葉っぱのフレデイ」を扱ってよかったなと思える授業をしたい。
 「授業をしたい」というのは「教え込む」ではなく「つかませたい」である。「読みとらせたい」とも少し違う。
 何しろ、1時間目の感想では
★「これからは葉っぱを大切にしたい」「葉っぱにもそんな気持ちがあったんだな」というように「葉っぱ」を「人間」に置き換えて読むことに気づかない子。
★ 「なぜ友人のダニエルは同じ年なのに、そんなに物知りなのか」と作品の設定にこだわる子。
★ 「すごい」「感動した」といった言葉が踊っているだけで具体的で書けない子。
などがいる。
 そこを何とかしたい。
 誤読や自分勝手な解釈を正し、作者の主想に近づきたい。
 作品(人物)の構造は
 フレデイがダニエルに教えてもらい、安らかな気持ちで死を迎えることができた。
というようになる。
 これを作者の思想の流れで言うと、
 読者は作者に教えてもらい、安らかな気持ちで死を迎える準備ができた。
となる。
 死を怖れていたフレデイが安らかになれたのは、
A)春が夏になるように、変化するのは自然なことだから。
B)春から冬まで十分楽しく幸せであったから
である。
 自分が新しい命の準備になるということは、フレデイは知らない。
 A・Bの理由では死の恐怖は消えない、説得力が弱いということはあり得る。そういう意見は認めていけばよい。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ちなみに「『命』は永遠に生きているから」という理由は私は列挙しない。
 あまりに意味が通じにくい文だからだ。

 「いつかは死ぬさ、でも、『命』は永遠に生きているのだよ」

というのは、日本語訳が悪いのだろうか。分かるようで分からない。
 意味もよく分からないフレーズに感動するような非論理的な子供は育てたくないから、この部分は意識して外す。
 「ゆずり葉」のように、自分の命を子孫に残して死んでいくという設定なら、また違った展開もあるだろう。
 友人で物知りのダニエルは「父親」役の方がスムーズである。父親のダニエルがフレデイにいろんな知恵を授けて死んでいく。フレデイがダニエルに教わったことを今度は子孫に伝えて自分の生を終えると筋である。
 まあ、これは読解と異なる世界だから生徒に伝えることではないのだが・・。

12

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 07, 2005

3月10日は東京大空襲の日

p0306_001 昨日は、西武の堤氏のくだらない特集がテレビで多いことを批判した。
 しかし以前も書いたように、あなどれないテレビ番組もある。
 3月6日にNHKスペシャルで特集された「東京大空襲 60年目の被災地図」である。
 HPはいずれ更新されて詳細が出ると思う→ここ
===================
昭和20年3月10日午前0時7分。空襲は突然始まった。目標は東京の下町。超低空で進入してきたB29は、2時間半の間に32万発の焼夷弾を投下した。一夜明けた下町は一面焼け野原。至るところに遺体が横たわり、未だに行方の分からない人を含めるとおよそ10万人が亡くなった。
======================
 風化しそうな史実を3月10日近くににきちんと放映したNHKはさすがだと思った。
 内容は、少し難しくて、録画して中学生に見せても我慢できないかな、という印象はあった。
 しかし、個人的にはすごく興味を持って鑑賞できた。
 6年の息子も黙って見ていた。
 もっとも安全といわれた防空壕に逃げ込んだ人が全員焼死してしまい、防空壕に入れず駅の脇のような所で死を覚悟した人が生き残ったという。インタビューに登場した方は、無事防空壕に入った家族を失い、自分だけ生き残ってした無念さを語っていた。
 焼夷弾は木造の屋根を貫通し、あちこちに飛び火して家屋を焼き尽くす。その焼夷弾の性能もユタ州に実際に日本の木造家屋を建てて試作を重ねたものがこの日の空襲で用いられたという。2時間で1700トンの焼夷弾が落とされる夜空は我々の想像を絶するものであろう。「まさに火の海だ」という言葉も、残念ながら実感できない。
 私は、昨年の秋に向田邦子の『父の詫び状』を読み、壮絶な「東京大空襲」のことを知った。その読書体験がなければ、今回のテレビの特集も見なかったと思う。
 3月10日は東京大空襲の日。そんなことも知らずに平和に過ごす今の世の中は本当に平和なんだろうか。
 これだけ堅苦しい番組が民放には作れないなら、私はNHKの存在も認めようと思う。喜んで受信料も払う。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

March 06, 2005

西武の堤義明氏の話題

 コクド前会長の堤義明氏が証券取引法違反で逮捕されてから、夜のニュースは、ここのところ、この話題で盛り上がっている。
 ただし、私がテレビで見た特集の内容は証券取引法違反の解説ではない。
===================
・いかに堤氏がワンマン経営であったか。
・堤氏の会社が、いかに巧みに利益を上げてきたか。
・オリンピック誘致が、いかに西武のリゾート開発と絡んでいたか。
===================
 つまり今回の逮捕容疑とは全く違う。
 逮捕されるまで、いかに堤氏が神様と呼ばれ、全ての権限を握り、強引なまでに利益を上げ、「裸の王様」だったかを批判する内容である。「神話の崩壊」などと言われている。
 あほらしい。
 逮捕されるまで、マスコミは堤氏への批判をしたくても我慢してきたということか。
 これまで「あなたは『裸の王様ですよ』」と進言することも「あなたの会社のリゾート開発は『やりすぎ』ですよ」などと、西武グループの強引な乱開発を糾弾しなかった新聞やテレビが、今ごろ堰を切ったように特集を組んで何になるというのか。
 テレビの特集では、とっくの昔に西武グループの批判本を書いた人のインタビューをしていたが、本当に批判したい内容なら、逮捕以前から特集を組めばいいのだ。批判本の内容がまっとうなら、もっと前から特集を組むべきなのだ。
 道路公団や社会保険事業団などへの批判も、「「批判しても抗議されない」という風向きを確かめてからのもののように思える(その点、週刊誌は先に先にと批判の矛先を向けている)。 
 こうした新聞・テレビの報道態度は、「いじめ」に似ている。
 「こいつはいじめていいんだ」と認知された者だけを、徹底的にいじめぬくのである。
 特にそれまで言いたくても言えなかった大物の場合、より陰湿で凄惨な「いじめ」が行われる。
 このような新聞・テレビのやり口に非常に嫌悪感を抱く。
 コクドグループによる乱開発・法人税を一銭もおさめず世界の長者番付に名前を列ねた堤氏のことは、10年も前に何かの雑誌で読んだことがある。
 今ごろ集中砲火するほどのことではない。
 今回批判特集を組むなら、今回の逮捕容疑のことだけでいい。
 今ごろ利益誘導の乱開発を批判するのは卑怯である。
 

 
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「竹島」の問題

 日本の領土である「竹島」を、韓国も自国の領土だと主張している。200海里水域・漁業権の問題もあって、主張し続ければ自国の領土になるというならこんな「おいしい話」はない。おまけに警備隊まで常駐させているのだから、放置しておけば、まんまと韓国領土であることが既成事実化してしまう。→ここ 
 3月5日には「竹島の日」制定に抗議するため韓国外相が訪日延期だというニュースが載った。→ここ
 学校教育では、なかなか触れない政治的な問題だが、私は昨年教えた5年生の社会の時間に、日本の最北端・最南端などと一緒に触れておいた。最北端・最南端などを説明していると、いかに日本の領土が脅かされているかが分かる。HPにもいろいろあるが、保護者からの不信を避けるには公的なのがいい。何と言っても島根県の公式HPなら紹介するのも堂々とできるというものだ→ここ
 このページには外務省の見解もリンクされている。竹島は日本固有の領土であり、竹島を韓国が不法占拠しているというのが日本の公式見解である。この見解には思想も何も含まれない。
 ただし、外務省は「きちんと公式見解を出していますよ」で自分たちの責任を果たしたと思っているのだろうか。
 HPを見れば、確かに書いてある。
 しかし、言われなき「抗議」にきちんと「抗議」し、韓国の抗議が不当であることをきちんと主張しなければ、この領土問題はどんどん先送りされ、まずます韓国のペースにのせらてしまう。マスコミのニュース記事は韓国の抗議が正当であるかのような印象さえ与えている。
 外務省の行動に比べ、「竹島の日」を制定して韓国の既成事実化を牽制しようとする島根県議会の態度はさすがである。いまや国が弱腰でやれないことを地方自治で補うような形になっている(東京都が沖の島近辺の漁業を押し勧めているように→ここ)。
 まさか歴史問題に絡めた戦後補償の取り引きのカードとして「竹島」が使われてはいないか。
 くれぐれも、お金で解決することにないようにしてほしい。
 もちろん、「そんなにもめるなら韓国に譲る」ということのないようにしてほしい。
 島根県議会の皆さん、どうかがんばってください。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 04, 2005

風力発電の数値

 田原町の風力発電所が完成したというニュースがあった。→ここ
 以前、私は「エネルギー教育」のレポートを書いたことがある。
 そこで「三重県久居市青山高原の風力発電」について数値を紹介した。
 青山高原の場合は
=================
 750KWの風車が4基で3000KW。
 年間で788万KW。2400世帯分。

=================

 一方、最新鋭の田原町の場合は、45億円で
=================
 2000KWの風車が11基。
 年間で4000万KW。12000世帯分

=================
 
 ついでに、サンヨーの巨大ソーラーパネルの場合、33億円で
==================
 5046枚のパネルで630KW。
 年間で53万KW。
===================
とあった。
 羽島に見える巨大なソーラーパネルと巨大な風車1基は同じ程度の発電量だが、さすがに11基となると、風車の発電量はあなどれない。田原町の風力発電の値段=45億円も発電量から考えたら安い。
 これは、この4~5年の間に、技術革新によって発電量がアップしたからなのだろう。
 ちなみに、最近、京セラビルに設置されたソーラーパネルの場合は
==================
 504枚のパネルで214KW。
 年間で約142828KW。つまり約15万KW。

==================
とある。
 太陽光から風力へと、だんだん自然任せのような形になる。
 太陽光や風力に頼って、安定した電力を確保できるのかどうか、

 それにしても「ありがとう風力発電」というHPなども見つかって、ネットの世界は面白い!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2005 | Main | April 2005 »