« 重松清の世界『カカシの夏休み』 | Main | 教科書検定 »

April 08, 2005

学力調査の特集記事

 ある先生のメールで「読売新聞」の教育関連の特集を知った。
 少し前に僕がこだわった「学力調査」の特集もあった→ここ
 読解力ダウンについては「無回答」が多かったこと、読書量が少ないこと、悪評高い「総合的な学習の時間」が実はOECD的な読解力、つまりただ読み解くのではなく、自分の見解を加えるという点で役に立つのだということなど、納得する記述が多かった。もっとじっくり読んでみようと思う。 トス技量検定の話題もあるし。
 いわゆる「要約」の作業は「理解」の典型的な活動で、1つの解答に絞り込む「収束的な思考」とも言える。
 一方「拡散的な思考」は多様な解答(発想)を重視するもので、「敷衍」という言葉があてはまる。それは誤解を恐れずに言い換えれば「表現」なのだと僕は思っている。
 「理解」と「表現」は相反する思考のようだが、「表現(説明)」させる事によって「理解」が深まるということもある。OECDの読解力は、日本で言う「理解」と「表現」の融合なのだ。
 今、新しい国語の指導が求められているのだが、現場の評判は思わしくなく、「総合的な活動」が不評なのと状況はよく似ている。理想として言えば、なるほどもっともで素晴らしいのだが、教師の指導が大変なのである。
 まあ、教師の指導が大変と言うよりも、むしろ教師の発想の転換が大変と言うべきか。
 発表やスピーチといった表現活動の指導のノウハウがないから、つい時代を逆行し「昔ながらの読み取り活動」の方がいいのでは、と思ってしまうのである。それでは駄目なのだと分かってはいるが。
 
 

|

« 重松清の世界『カカシの夏休み』 | Main | 教科書検定 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 学力調査の特集記事:

« 重松清の世界『カカシの夏休み』 | Main | 教科書検定 »