« 靖国参拝自粛を申し入れた人 | Main | 愛・地球博で気になったモノ »

June 09, 2005

『出口のない海』(横山秀夫)

 4062124793
巻末の参考文献を見ると、内容が分かる。
 ・「人間魚雷回天」「ああ回天特攻隊」
 どこまでが事実で、どこまでが虚構か分からないが、人間魚雷に乗り込んだ青年の詳細な心理が描かれている。
 死を覚悟し、特攻に志願しながら、それでも生と死で揺れる心。
 死を覚悟しながら生き残ってしまう複雑な心。戦友に先立たれる(先を越される)複雑な心。 
 嫁さんにしたいくらい大好きな美奈子との会話シーン・別れの場面も胸を打つ。
 特殊任務のために詳しく話せない並木、死ぬのが分かっていて何も話せない並木。
 そんな彼の美奈子へあてた遺書は何と爽快であることか。
 戦争や軍隊の様子・人間魚雷の様子などを勉強することもできた。読みやすい文章で、長さもほどほどでストーリーにどんでん返しもない。確かに人間魚雷は悲惨な史実であるが、ラストは爽快な終わり方になっている。おそらくその点は批判もあろう。あまりに軽々しいと。
 しかし、中学生が戦争の様子を知るのには、これぐらいの爽快さがちょうどいい。
 本格的に悲惨さを味わいたいなら、参考文献の書物を読めばいいだろう。
 戦争ものは悲惨だから読まない、という人にも、自信を持ってお薦めできる作品である。
 
 

|

« 靖国参拝自粛を申し入れた人 | Main | 愛・地球博で気になったモノ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/4482469

Listed below are links to weblogs that reference 『出口のない海』(横山秀夫):

» 出口のない海(横山秀夫) [1-B (ichibii)]
出口のない海横山 秀夫 / 講談社(2004/08/06)Amazonランキング:35,329位Amazonおすすめ度:Amazonで詳細を見るBooklogでレビューを見る by Booklog 同じ日だった。二月二十六日、海軍軍務局は呉海軍工廠魚雷実験部に対し、「○六」の暗号名で人間魚雷の試作を命じた。 話... [Read More]

Tracked on June 12, 2005 at 02:04 AM

« 靖国参拝自粛を申し入れた人 | Main | 愛・地球博で気になったモノ »