« 「郵政民営化」の論理 | Main | 「ドラゴン桜」はすごい! »

August 23, 2005

「愛は霧のかなたに」

 D111105920
「愛は霧のかなたに」少し前にNHKのBSでやっていた。
 タイトルと筋は知っていたので「ああ、あれか」と思って見ていたら、ひきこまれ最後まで観てしまった。そして、ずいぶん感動も感激もしたし、おおいに考えさせられた。
 タイトルから想像されるのは、まちがいなく恋愛映画。
 しかし、原題は「霧の中のゴリラ」。まあ、原題通りでは、ちょっと観る気にはなれないかも。
 ただ、原題は、まさにこの映画にふさわしい。「なんだ、恋愛ものじゃないのか」と落胆する者を作り出すくらいなら最初から「霧の中のゴリラ」で観たい人だけに観てもらった方がいいだろう。
 絶滅寸前の「マウンテンゴリラ」の生態を調査しに、一人の女性がコンゴの山奥へ入る。
 そして、ゴリラに魅了され、保護に奔走する。
 貧困ゆえに、平然とゴリラを捕獲し殺してしまう原住民との確執。
 熱意のあまり同僚スタッフにまで厳しい生活を強いる。恋人はついに彼女の元をは去ってしまう。
 実話をもとにしている。彼女が殺されるラストは残念だが実話なら仕方ない。
 ゴリラはもちろん本物である(どこまで演技か分からない!)。
 アクションものが好きな私だが、これはお奨め。
 「自分の好きな仕事に者の没頭する」ことのすばらしさ、尊さも感じられる。
 小学生は無理かな?中学生にもお勧めの映画(ビデオ・DVD)である。

|

« 「郵政民営化」の論理 | Main | 「ドラゴン桜」はすごい! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「愛は霧のかなたに」:

« 「郵政民営化」の論理 | Main | 「ドラゴン桜」はすごい! »