« フェロシルトの不法投棄 | Main | 「読解力」と「論理エンジン」 »

October 18, 2005

「宿題はやれ」

 『みんなのためのルールブック あたりまえだけどとても大切なこと』(ロン・クラーク著 草思社)の50のルールの中に次のものがある。
 
 「宿題は必ず提出しよう」

 この本には、趣意説明がある。
========================
 宿題をかならず提出するのは、期限どおりに課題をこなすことを学ぶためだ。
 大人になって仕事をするようになると、しめきりやそれを守るためのプレッシャーがかかってくる。
 期日までに課題をしあげる練習が、将来、きみたちの役に立つだろう。
========================
 なるほど、将来の訓練としての「嫌なこともやる」「期限を守る」ことの大切さを学ばせるわけだ。
 
 ところで、以前イチロー選手が「どうすれば野球がうまくなるか」を聞かれて「宿題をやれ」と話しているところをテレビで見たことがある。
 何の説明もなかったので、僕としては

 ① 練習は好きなものばかりではない。嫌なこともきちんとやり遂げることが大切
 ② 野球は監督の命令に従うことが大切。言われたことをきちんと守ることが大切

という意味なのかと勝手に解釈していた。
 先日、別の解釈を聞いた。
土曜日の朝の「天才アスリートの作り方」というテレビ番組である。

 ③我慢して勉強すると、ストレス発散で練習に身が入る。

 なるほど、精神論・根性論としての「宿題擁護」ではなく、純粋に練習効果(練習意欲)を上げるための勉強か。
 ③の発想は子どもには通じやすい。自分の発想が、ちょっと貧相だったのかと反省した。

|

« フェロシルトの不法投棄 | Main | 「読解力」と「論理エンジン」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/6453741

Listed below are links to weblogs that reference 「宿題はやれ」:

» みんなのためのルールブック あたりまえだけど、とても大切なこと/ロン・クラーク [仮想本棚&電脳日記]
みんなのためのルールブック あたりまえだけど、とても大切なこと/ロン・クラーク この本は子供向けで、同じ内容の大人向けに「子どものためのルールブック」があります。 [Read More]

Tracked on December 13, 2005 at 07:03 AM

« フェロシルトの不法投棄 | Main | 「読解力」と「論理エンジン」 »