« 「読解力向上プログラム」 | Main | 「ドラゴン桜」10巻の学び その3 »

October 16, 2005

「アガリクス」本で薬事法違反

 アガリクスがガンに効くという触れ込みの出版物は、よく新聞の広告で目にしていた。
 大学教授の監修で、ガン患者の体験談があるらしく、ふーんと思っていた。
 そうしたら、その出版物がでっち上げで薬事法違反だという→ここ
 そこまでいいかげんな書籍を少なくとも僕が知ったのは、新聞広告があったからに他ならない。
 たびたび目にする新聞広告に「アガリクスはガンに効く」と刷り込まれてきたのである。
 この場合、広告を垂れ流してきた新聞社の責任は何も問われないのだろうか(言論の自由・出版の自由か)。
 「アガリクス」だけ検索すると、今でもたくさんの通販のサイトが出てくる。→ここ
 で、結局のところはどうなんですか?
 たまたま書籍が薬事法違反なだけで、実際は効果があるんですか?
 それとも、ネットで販売されているアガリクスは、どれもさほど効果のない健康補助食品なのですか?
 
 週刊誌のどぎつい広告を載せている新聞に、良心はあるのだろうか? 
 メデイアリテラシー(メデイアを批評する力)の教育を考える上で、考えさせられるニュースであった。
 

 

|

« 「読解力向上プログラム」 | Main | 「ドラゴン桜」10巻の学び その3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「アガリクス」本で薬事法違反:

« 「読解力向上プログラム」 | Main | 「ドラゴン桜」10巻の学び その3 »