« 日本の最先端の授業が見られる | Main | 「読解力向上プログラム」 »

October 09, 2005

著作権の勉強

前回の発信で読売新聞の企画「教師力」の公開セミナーに触れた。
ネット上では、セミナー時の模擬授業風景が公開されている。

期間限定だから長期保存する方法を考えたくなる。
たくさんの人にみてもらいたいから、ダビングや保存する方法を考えたくなる。
そうした教師の熱心さが「著作権侵害」という大きな「悪」に手を染める結果になってしまう。

10月4日の読売新聞では、セミナーの様子が2面にわたって大きく紹介された。
僕は研究会の打ち合わせで入った喫茶店で見つけ、コンビニで入手した。

たくさんの人にみてもらいたいからとコピーして配りたくなる。
そうした教師の善意が「著作権侵害」につながっていく。

HPやブログでも、どこまで引用するか、リンクはどうするか
よーく考えなけれないいけない。
例えば詩の授業実践の公開。
詩の内容を全部紹介した方が分かりやすいが、著作権を考えると、それは避けなければいけない。
小学校の市販テストでは明治図書以外は、教材文が載せてない。
教科書を見ながらテストをすることになっている。→教材と著作権
市販教材でさえ、それほど厳しいのだという自覚を教師は持たねばならない。

|

« 日本の最先端の授業が見られる | Main | 「読解力向上プログラム」 »

Comments

私のように、著作権法を読んでもちんぷんかんぷん
という人は、わかりやすいパンフレットを無料で送ってもらえます。
どうぞ、利用してください。

以下の6冊を是非、学校宛に送ってもらい、
学校でめいっぱい活用しましょう。


社団法人 著作権情報センター(http://www.cric.or.jp/)から、
学校教育に必要な著作権についてわかりやすくまとめた
パンフレットが無料で、配送してもらえます。

  無料出版物のご案内
  http://www.cric.or.jp/book/muryou.html

(1) はじめての著作権講座 著作権って何?
(2) はじめての著作権講座II  こんなときあなたは?
  著作権Q&A(市町村のしごとと著作権)
(3) マルチメディアと著作権 半田正夫著
(4) 学校教育と著作権 ケーススタディ著作権 第1集
(5) 私的録音録画と著作権 ケーススタディ著作権 第2集
(6) 図書館と著作権 ケーススタディ著作権 第3集

Posted by: Rimbaud | October 10, 2005 at 02:04 PM

コメントありがとうございます。
本校には文化庁監修の「インターネット時代の漫画著作権教室」が数十冊置いてあります(というか放置してあるというか)。
つまり生徒配布を前提とした冊子が全国の学校に送られており、その冊子には関連するWEBサイトも紹介されています。
「知らなかった」ではすまないのだという意識で勉強したり、呼びかけたりしていかなければなりませんね。

Posted by: 竹田 | October 12, 2005 at 07:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/6324784

Listed below are links to weblogs that reference 著作権の勉強:

« 日本の最先端の授業が見られる | Main | 「読解力向上プログラム」 »