« 「よろしいですか」 | Main | 『震度0』 横山秀夫 »

November 14, 2005

「空中ブランコ」(文藝春秋) 

 buranko
恐るべし伊良部一郎!
 「イン・ザ・プール」と、ほぼ同じ設定によるトンデモ神経科医のドタバタストーリーである。
 風変わりな医者の伊良部と、奇妙な看護婦のマユミ。
 僕のイメージでは「南海キャンデーズ」の2人と重なっている。
 伊良部はもう少しデブ、マユミはもっと美人という設定になっているが。
 さて、トンデモ神経科医の伊良部の元へ、毎度毎度患者がやってくる。
 患者は怪しげだと思いながらも、意味のない注射を打たれながらも、再び診察に訪れてしまう。
 そして、読者である僕も、ついついページをめくってしまう。
 それは、やはり伊良部の医師としての診断にそれなりの信憑性があり、彼の治療にそれなりの成果が現れているからだ。
 そうしたドクター伊良部の医療行為に対する安心感・信頼感が登場人物には芽生えているし、読者である僕にも芽生えている。
 「強迫神経症」「ブランケット症候群」「イップス」「嘔吐症」。
 精神科らしい医学用語に支えられているので、怪しげなんだけど、どこか納得させられるし、どこか安心させられるのだ。
 そういう意味では、登場する患者だちは「イン・ザ・プール」の時よりも、すんなりと伊良部を受け入れ足繁く通院しているように思う。
 「ホットコーナー」や「女流作家」などは、感動すら覚える仕上がりになっている。
 まさに、癒しの1冊である。
 このコミック系の作品が直木賞というのは、どうもなあ・・・。

|

« 「よろしいですか」 | Main | 『震度0』 横山秀夫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/7103975

Listed below are links to weblogs that reference 「空中ブランコ」(文藝春秋) :

« 「よろしいですか」 | Main | 『震度0』 横山秀夫 »