« 「じゃんけん」の論理 | Main | 「メタ認知力」とは? »

March 06, 2006

イチローの作文の論理

 以前、イチローの作文について「逆算の哲学」として評価した→ここ
 もう少し詳しく書いておこうと思う。

①僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
②そのためには中学・高校で全国大会へ出て、活躍しなければなりません。
③活躍できるようになるためには、練習が必要です。

 この3段階の論理が「逆算の論理」である。
 すばらしい。
 一字一句変えてない、6年生で、この文章を書いているのだから。
 穴埋めワークにすれば、次のようになる。
=================================
①僕の夢は(  A   )です。
②( A )のためには(  B   )しなければなりません。
③( B  )できるようになるためには、( C )が必要です。

==================================
 
 ただ夢だけを描く子が多い。
 夢のために必要な過程を描けない子が多い。
 今すべき事を自覚できない子が多い。

 もちろん(C)を書ける子もいるが、イチローほど具体的に(C)に自信を持てる子は少ない。
 以下が、イチローの(C)の内容である。

①ぼくは、その練習に自信があります。
②僕は3歳の時から練習を始めています。
③(中略)3年の時から今までは365日中、360日は、はげしい練習をしています。
④(中略)そんなに、練習をやっているんだから、必ずプロ野球の選手になれると思います。

 穴埋めワークにすると次のようになる。
==================================
①ぼくは、( C )に自信があります。
②僕は( D )の時から( C )を始めています。
③( E )の時から今までは365日中、( F )日は、( C )をしています。
④そんなに、( C )をやっているんだから、必ず(  A  )になれると思います。

===================================
 夢の実現のために今、自分は何を努力しているか。
 そこを自覚できる子を育てたい。
 そのためにも「逆算の論理」をぜひ学ばせたい。

|

« 「じゃんけん」の論理 | Main | 「メタ認知力」とは? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference イチローの作文の論理:

« 「じゃんけん」の論理 | Main | 「メタ認知力」とは? »