« 詩を書かせる | Main | お弁当 »

May 01, 2006

「詩」を読ませる

 「のはらうた」は、詩を写す前に「朗読」と「群読」を行った。
 光村の教科書は、朗読をやらせる単元になっている。
 東京書籍の教科書の最初は、脳内トレーニングの川嶋隆太教授の書いた、音読のススメの説明文である。
 内容的には音読のススメの方がレベルが高くていいと思っていた。
 しかし、実際に朗読をやらせるとなると、「のはらうた」のような全てひらがなの短い詩は扱いやすい。
 しかも4編の詩があるから、選択の自由もある。個性も出る。
 最初から個人の朗読発表だから、相当な緊張を強いる。
 だからこそ、そんな生徒には、「のはらうた」くらいがちょうどいい。
 どこを大きく読むか、どこを開けて読むか、を考えさせるだけで、たくさんの朗読が誕生しておもしろい。
 

|

« 詩を書かせる | Main | お弁当 »

Comments

I always spent my half an hour to read this blog's articles all the time along with a mug of coffee.

Posted by: Bitcoin generator | January 18, 2014 at 11:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/9846933

Listed below are links to weblogs that reference 「詩」を読ませる:

« 詩を書かせる | Main | お弁当 »