« 愛国心と教育基本法改正(2) | Main | 愛国心と教育基本法改正(4) »

May 27, 2006

愛国心と教育基本法改正(3)

 「愛国心」と「軍国主義」がつながるのは、次の論理である。
======================
 「愛国心」があるなら、国を守り、国のために戦え。
 国を守るために戦えないヤツは「非国民」である。
 国のためなら喜んで命を捨てよ。
======================
 ここまでアジられたら、そりゃあ「愛国心」は嫌だなあと思わざるをえない。
 
 しかし、わが子を守るためなら命を捨てられる親はたくさんいると思う(ほとんどだと思う)。
 「わが子を守るために命を捨てる」ことと「国を守るために命を捨てる」ことは決して無関係ではない。
 「わが子」の同心円上に「家族」「隣人」がいて、「地域」があり「国家」があるからだ。
 道徳教育でも「家族愛」「思いやり」「愛校心」の延長上に「愛国心」がある。

 先にも書いたが、「愛国心」が自然に育つものというなら、「家族愛」や「思いやり」も自然に育つことになる。
 自然に育つかも知れないが、教育の現場で「家族愛」や思いやり」を賞賛するような指導を加えることは可能だし、「思いやり」教育は容認されると思う。
 「おうちの人に感謝しようね」と呼びかけることは意義がある。
 それなのに同じような発想で「国に感謝しようね。国のために働いている人に感謝しようね」と呼びかける「愛国心」教育は阻止される。
 意固地になってるとしか思えない。
 でも、うっとうしいから「思いやり」教育の推進で構わないと僕は思う。
 「家族愛」「愛校心」「思いやり」「愛国心」は、やるべきこと・教えるべきことが同じだからだ。
 
 

|

« 愛国心と教育基本法改正(2) | Main | 愛国心と教育基本法改正(4) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 愛国心と教育基本法改正(3):

» ぺいとりお−てぃずむ【ぺいとりお−てぃずむ Patriotism】 [悪魔の辞典]
−n 愛国心 (松田徳一郎(編)『リーダーズ英和辞典(第2版)』研究社 2002) 私のブログ史上最短の引用欄かも(苦笑) この言葉は… [Read More]

Tracked on May 27, 2006 10:37 AM

« 愛国心と教育基本法改正(2) | Main | 愛国心と教育基本法改正(4) »