« 正しい言葉 | Main | 「食品のカラクリ」 »

July 19, 2006

「正しいことは言うな」

But00001
中日新聞7月18日付の朝刊に「ひろさちやのほどほど人生論」という連載がある。
「正しいことは言うな」という逆説的な表現の意味を知って感銘を受けた。
確かに、教師という仕事上、子どもの失敗を責めることは多い。
しかし、「どうして、宿題を忘れたんだ」などと相手のミスを責めてみても、
その言葉が正しければ正しいほど相手を追い込んでしまうだけだ。
言われた方は一番聞きたくない言葉を耳にして憎しみさえ、わいてくる。
====================
怠けている人間、遅刻した人、それぞれに事情があり、理由があるはずです。
その事情・理由を斟酌(しんしゃく)することなく正しいことを言う人は、じつは、
ー正義という名の魔類ー
になっているのです。
仏教では、その正義という名の魔類を
ー阿修羅ー
と呼びます。阿修羅というのは、本来は正義の神であったのですが、自分だけが正義だと思って、他人に対する思いやりがないために、神界から追放されて魔類になった存在です。(後略)
======================
 「阿修羅」とは、そういう意味だったのか→ここに詳しく書かれている。
 教師は「よかれ」と思って平気で子どもを傷つけることがある。
 悪意がない分だけ、たちが悪いのだという。
 正義感を振りかざす鈍感な教師はまさに阿修羅だな。
 何も言わずにじっと相手の聞いて上げる行為が「慈悲」なのだとも書いてある。
 何と、仏教の教えは奥が深いのか。
 仏教に没頭するつもりはないが、宗教をバックボーンにすると自分の言動を律することができる理由がよく分かる。

(追記)
 以前、紹介した『身につけよう!江戸しぐさ』の中に「見て分かることは言わない」というのがあった。
「おやせになりましたね」「太ったんじゃないの」「ひどい汗ですね」など、見て分かるようなことを稚児のように言ってはいけないとある。
===================== 
見て(暑いんだな)と察したらすぐ冷たい飲物を出すものだよ、というわけです。急な雨で濡れていたら、サッと手拭いを差し出す方が感性度が高く、相手の思いやりが偲ばれるものです。
 それに加えて「読んで分かることは聞かない」というのもあります。
=====================
 何の配慮をする気もないのなら、見て分かることを言うな、というのは、実に鋭い指摘である。

|

« 正しい言葉 | Main | 「食品のカラクリ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「正しいことは言うな」:

« 正しい言葉 | Main | 「食品のカラクリ」 »