« 中1自殺の遺書 | Main | 読まない本『水からの伝言』 »

August 31, 2006

「素数ゼミの謎」

Sosuu
 1学期に「博士の愛した数式」を読んで、その勢いで「素数ゼミの謎」を読んだ。
 「博士~」を読んでいなかったら、興味がわくこともなかったかもしれない。
 日本のセミは6年・7年土の中で育つ、と言われる。ただし毎年出現する。
 アメリカのセミの中には13年・17年周期で大発生するものがいる。他の年には一切現れないので「周期ゼミ」ともいうらしい。
 このあたりの解説は次のHPに詳しい→ここ
 こうした大量発生の生き残りセミは「素数を周期とするセミ」に絞られていったというのが著者の考えである。
 そして、その根拠が「数学」なのである。
 僕なりの理解で簡単に説明すると、
・以前は、さまざまな周期のセミがいた。
・ところが、違う周期のセミと交配すると、周期がずれて、変な時期に出現するので長い年月の中で絶滅する。
・ということは、違う周期のセミと出会わない種類のセミの方が種を保存しやすい。
(違う周期のセミと重なった方が出会いが多くていい、というのは誤りです)。
・ということは、他種のセミと周期が重なりにくい素数を周期とするセミの方が種を保存しやすい。
・というわけで、今でも13年・17年といった周期でセミが大量発生している。

 個人的には日本のセミも興味がある。
 愛知県・尾張地方では、昔は小粒のニイニイゼミをたくさん捕まえたのに、今はほとんどアブラゼミである。
 ただし、春日井市の勤務校はたくさんクマゼミがいる。クマゼミの発生するのは土地が汚れているのだという人もいる。
 今年の夏の終わりにツクツクボウシの鳴き声をよく聞いた。ツクツクボウシが増えているように思うのは気のせいか?
 こうしたセミに関する自由研究は来年にしよう。
 今年は「博士~」の影響で「数字のマジック」について考えてみた。
 誰とも重ならない「素数」が好きなんて思ったことはなかった。
 でも、重ならないからこそ周囲に惑わされず自分の生き方ができる。
 だから、「素数」はすばらしいんだな、と思うようになった。

|

« 中1自殺の遺書 | Main | 読まない本『水からの伝言』 »

Comments

Preyty component to content. I simply stumbled upon your site and in accession capital to claim that I acquire actuaally enjoyed account your blog posts. Anyway I will be subscribing too your augment and even I fulfillment you get right of entry to persistently quickly.

Posted by: coach bags | January 20, 2014 at 10:29 AM

If some one wishes expert view regarding blogging then i suggest him/her to visit this web site, Keep up thee good job.

Posted by: samsonite luggage | January 24, 2014 at 05:25 AM

You actually make it seem so easy with your presentation but I find this topic to be really something that I think I woiuld never understand. It seems too complex and extremely broad for me. I am lookiing forward for your next post, I will try to get the hang of it!

Posted by: vacuum cleaners | January 25, 2014 at 08:31 PM

I'm not sure why but this website is loading incredibly sloww for me. Is anyone else having this problem or iis it a problem onn my end? I'll check back lster and see if the problem stilkl exists.

Posted by: bestbmxbikesforsales.com | January 26, 2014 at 06:43 AM

Good response inn retfurn of this difficulty with genuine arguments and explaining the whole thing conderning that.

Posted by: wireless headphones | January 28, 2014 at 10:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/11693353

Listed below are links to weblogs that reference 「素数ゼミの謎」:

« 中1自殺の遺書 | Main | 読まない本『水からの伝言』 »