« ナイルパーチ~「ダーウインの悪夢」 | Main | 「素数ゼミの謎」 »

August 27, 2006

中1自殺の遺書

ニュースによれば、中学1年生の自殺があり、原因は3年にもおよぶ「いじめ」だったのだとか。
新聞やネットで遺書が公開された。

■遺言書
 最近生きていくことが嫌になってきました。クラスでは「貧乏」や「泥棒」と言う声がたえず響いていて、その時は悲しい気持ちになります。それがもう3年間も続いていて、もうあきれています。それに、毎日おもしろおかしくそいつらは笑っているのです。そう言うことでこの度死ぬことを決意しました。
 私が、死んだ後の物は(弟2人の名前)で分けて下さい。机にある小判は私だと思って持っていて下さい。
 (弟2人の名前)は僕の分まで長生きして、いい職について下さい。
 いつも空から家族を身(原文のまま)守っています。
 さようなら
 いままで育ててくれてありがとう
 母さん父さん
 By.(男子生徒の名前)

 なぜ中学校で「いじめ」が分からなかったのか、指導できなかったのか、防げなかったのか
が話題になる。
 小学校からの「(言葉による)いじめ」だから、注意して観察はしていたものの、そんなに深刻にはとらえられなかったのかもしれない。
 外傷をもたらす「いじめ」に比べて、言葉によるいじめは現行犯でないと把握しにくい。
 また発覚しても「そんなこと言ってはいかんだろう」というような口頭注意にとどまりやすい。
 そもそも言っている方にも、「そんなに悪意を持って言っていない」というケースが多い。
 言う方は軽い、言われる方は重い。
 だからこそ、こわい。
 「覆水盆に返らず」で書いたように、「ごめん」ですまない事態である。
 「そんなに相手が傷ついているとは思わなかった」は言い訳にはならない。
 教師も同じで「そんなに深刻な事態だとは思わなかった」は言い訳にはならない。
 子どもの口にする言葉1つにも、細心の注意を払わねばならない。

|

« ナイルパーチ~「ダーウインの悪夢」 | Main | 「素数ゼミの謎」 »

Comments

Hello there! I could have sworn I've visited this blog before but after going through many of the posts I realized it's new to me. Anyways, I'm definitely happy I discovered it and I'll be bookmarking it and checking back regularly!

Posted by: Alan | May 15, 2014 01:12 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中1自殺の遺書:

« ナイルパーチ~「ダーウインの悪夢」 | Main | 「素数ゼミの謎」 »