« 人に言えない「いじめ」があると思え | Main | 教師発の「いじめ」 »

October 30, 2006

「いじめ」と「いじめ」以外

 本日の中日新聞のコラムにも文部科学省の「いじめ」の定義が書いてあった。

1)自分より弱い者に対して一方的に
2)身体的・肉体的な攻撃を継続的に加え
3)相手が深刻な苦痛を感じること

 これなら、さまざまな行為が「いじめ」に含まれる。
 しかし、世の中にはさまざまな犯罪があるから、れっきとした犯罪名があるなら、その犯罪名で扱うべきだろう。
 おどし・中傷・誹謗は「恐喝」、暴力は「暴行」というようにだ。
 
 とはいえ、それだけではよく分からない行為、どう考えればいいか分からない行為がある。

◆昨日まで仲の良かった友達がメールで「死ね」と書いてきた。
→ これは「自分より弱い者に対して」の行為と言えるかどうか。
 昨日まで対等だったのだから、加害者には単なる「仲違い」口げんか」という意識しかないかもしれない。もちろん言われた方は、ショックを受ける。したがって、このようなケースの場合、加害者・被害者の双方に見解の相違が起こる。

◆聞こえよがしに「うざい」「きもい」などと言う。
→本人に言ったのかどうかの判断があいまいなので、てごわい。加害者は被害者からクレームがついたら「言っていない」とシラを切る。そのような証拠不十分になるギリギリのところで無視したり、嫌みを言ったりしているのだから、被害者もクレームを付けなくなる。どうせ「気のせい」だとか「思いこみ」と言われて終わるからだ。そう思われると思うと辛くても訴えられない。そのことが被害者の辛さを増幅させる。被害者本人にとっては悔しくて悔しくて仕方ないことだろう。このような行為を恨んで遺書に書いたとしても、名前を書かれた本人はシラを切る。学校が事情を聞いたくらいでは、「いじめ」認定は難しいのである

|

« 人に言えない「いじめ」があると思え | Main | 教師発の「いじめ」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「いじめ」と「いじめ」以外:

» またまた、いじめと自殺、、、 [歩・・フ・・の心!]
未来ある希望に満ちてる子等が何故に自ら命を絶たねばならないどろう! 中学、高校生 [Read More]

Tracked on October 30, 2006 11:08 PM

« 人に言えない「いじめ」があると思え | Main | 教師発の「いじめ」 »