« 惻隠の情(そくいんのじょう) | Main | いじめの起きる原因 »

November 13, 2006

がんばれ!ノコギリ屋根の織物工場

_008
 私の住む一宮市の地元誌「CITYー1」の137号の「近代を築いた産業遺産」という特集にひかれた。
 私の家の周りにも見られる「ノコギリ屋根の工場」については、次のような解説がある。

一宮地方の人たちは、遠い昔、木曽川の水流とのたたかいの中から、逆境を利用し、危機に面するたびごとに、絹から綿へ、さらに絹綿交織へ、そして毛織物へ、ウールラインへと、見事に転換し発展を遂げてきた。そうした経緯の中で建てられたノコギリ屋根の工場は、多い時には3600以上もあったといわれますが、現在は600前後が残っていると思われます

 ノコギリ屋根は、南側がななめになっていて、北側が切り立っている。
 その北側の屋根の部分にはガラスが、はめこまれていて採光の役割を果たしている。
 南からの光は時間によって変化するが北側の光は安定しており、織物の仕上がり具合・色あいを確かめるのにちょうどいいのだそうだ。前述の雑誌には「電気が豊富になった現在でも、反物の出来不出来については一日中変化の少ない柔らかい『北光線』のもとでおこなわれていると聞いています」とある。
 なるほどね、私自身は、この町で生まれ住んだ訳でじゃないので、そんな深い意味があるとは知らなかった。
 ノコギリ屋根の工場は現役で、ガッシャンガッシャンと響いてくる。 
 かつては「ガチャ万」と言われ、1回ガチャンとやると1万円になったというほど景気のよかった町である。
 そんな時代を知らない私にとって、この付近はのどかだが、さびれた雰囲気があることは否めない。
 歴史があるんだなあ。がんばれ「ノコギリ屋根」!

|

« 惻隠の情(そくいんのじょう) | Main | いじめの起きる原因 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference がんばれ!ノコギリ屋根の織物工場:

« 惻隠の情(そくいんのじょう) | Main | いじめの起きる原因 »