« 人を選ぶなら | Main | 『武士道』 新渡戸稲造 PHP文庫 »

December 24, 2006

『国家の品格』 藤原正彦

Book_kokka
 私が購入したのは2006年11月25日版37刷、初版から、ほぼ1年。
 「今年度 新書NO1 日本人に『品格』を問い220万部突破」と帯にある。
 「品格」が今年の流行語大賞にもなった。
 新潮社にくわしいHPがある→ここ

①ベストセラーになったということは、この本の内容について支持が多いということだ。
②帯には「『必読の書』と圧倒的支持の声!」ともある。
③この本の内容についての支持者が多いと言うことは、「教育基本法」の改定や、「日本人のモラルの欠如をなんとかしようという教育」への支持者が多いということである。
 「教育基本法」改正反対論者は、この事実をどう見るか?

・・・このような「風が吹けば桶屋が儲かる」式の論理の破綻について数学的に教示されている(P57)。
それだけでも勉強になった。
 帯に紹介された本書の内容
1)資本主義の勝利は幻想
2)情緒の文明を誇れ
3)英語より国語と漢字
4)論理の限界を知る
5)卑怯を憎む心、憐憫の情の大切さ
6)跪く心を忘れない
7)武士道精神の復興を
8)古典を読め
9)家族愛、郷土愛、祖国愛、人類愛
10)国際貢献など不要
11)重要なのは「文学」と「芸術」と「数学」
12)真のエリートを求める

 「220万部=220万の人が読了し 上記の12項目全ての意見に100%賛同」
は確率的に低い。
 読了した割合を0.8とし、12項目の各支持を0.8と高めに設定したとしても、
 0.8×0.8×0.8×0.8×0.8×0.8×0.8×0.8・・
となるから、あっという間に数値は限りなくゼロに近くなっていく。
 というのが本書に示された藤原氏の論理だ。
 しかし、こうした論理そのものが(4)の「論理の限界」に該当するのだと思っている。
 各項目の支持が大方0.8なら、いくらステップが多くても最後まで0.8というのが常識的な判断だからだ。
 というわけで、藤原氏の意見に賛同したり、異論をはさみながら、自分の学びをまとめてみたい。

|

« 人を選ぶなら | Main | 『武士道』 新渡戸稲造 PHP文庫 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 『国家の品格』 藤原正彦:

« 人を選ぶなら | Main | 『武士道』 新渡戸稲造 PHP文庫 »