« 「正社員化がハッピーか」だと! | Main | 「論理力ノート」~譲歩~ »

December 13, 2006

「道路建設」の反対との賛成

12月12日の中日新聞の投稿欄「発言」で、道路建設についての対立する2つの意見が掲載されていた。
高校生は身近に道路が建設されたことについて次のように。

(前略)しかし、この道路は山を切り開いて造られました。ふと両側を見ると、側壁の断面にはたくさんの樹木の根が、無惨にもあらわになっていました。あの樹木は間もなく枯れると思います。
そのようなことをしてまで、私たちの生活が便利になることに、私は複雑な気持ちになりました。私たちは山奥にも道路を造り、便利で快適な生活を追求してきました。その一方で、自然破壊が進んでいます。(以下略)

 一方、長野県のある村長さんは道路建設について次のように。
 
 私が住む山奥の村では、公共交通が廃止されたことで、村民の移動手段は自動車だけになってしまいました。
しかも、いまだに大型バスが通行できないため、修学旅行に行く子どもたちは隣村の国道まで親が送迎している。(後略)

・・・最終的にはケースバイケースである。生活に必要な道路があるのは当然のことである。
 しかし、地元が必要がある判断したから陳情するのだから。「必要のない道路」は皆無だろう。
 つまり問題なのは、
A・あった方がいいけれど、なくても困らない道路
B・あまり必要のない道路だけれど、あればあったで便利な道路
である。
 それらは「必要な道路」と「不必要な道路」の間に位置するもので、
必要度に応じて工事の順番などが検討される。
 その際の申請理由が「修学旅行の子ども達のために大型バスが通れるように」では、僕は無理があると思う。
 何せ修学旅行は1年に1回、小6の子どもたちだけである。
 それ以外の村民に支障がないなら、1年に1回、村の6年生の保護者だけ協力してもらえばいいわけで、
その日だけ村がタクシーを用意したところで、大型バス乗り入れのための道路拡張工事の費用の何分の1ですむことか。
 村長さんは「子どもがかわいそうだ」という訴えが有効だと判断したのだろうか。
 しかし、そのような情緒的な論拠からは、逆に道路整備の不要さを訴えるように読めてしまうのである。

|

« 「正社員化がハッピーか」だと! | Main | 「論理力ノート」~譲歩~ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「道路建設」の反対との賛成:

« 「正社員化がハッピーか」だと! | Main | 「論理力ノート」~譲歩~ »