« 「論理力ノート」~イコールの関係~ | Main | 品格と徳 »

December 01, 2006

「論理力ノート」~見出し語~

Deguti
 「論理力ノート」の第2章の論理的な読解法の1番は「見出し語を頭に置いて、本文を読む」である。
このP24には、2つの内容が書かれている。
 文章の趣旨を縮めたものが題だから、題に注目して読めば「おそらく記事の内容は見出し語の内容について、具体的に書いてあるはずだ」ということになる。
 題に注目するというのは読解に置いても大切だが、書く作業に置いても意識させることが重要だと思っている。
そのことを「構造化の自覚」ということでブログにも書いてきた。構造的に書くことで、今度は構造的に読むことができる。読む活動と書く活動は表裏一体なのである。
 
 もう1つは、「文章には要点の部分と飾りの部分とがある」という主張で

・「要点の部分」=一般的な表現
・「飾りの部分」=具体的な表現

という構造になっている。これは、大西忠治氏の言うところの「柱概念」である。
 「一般的な表現」というのは誤解を含みそうな言い方で、
次ページの言葉で言えば「主張」、
よく使う別の言葉で言えば「抽象」である。
 「もっと具体的に論ぜよ」ということを「抽象のハシゴを下りよ」などと宇佐美寛氏は使った。
 例えば「愛国心を授業する」とはどういうことなのか、それを具体的に述べないと賛否は語れないということを「具体的に語る」という観点でブログに書いた。
筆者の主張が分かりにくいので「例えば何のことなのか」を考えさせる実践もしてみた→ここ

 いろんなところで学んできたことが、集約されているようなので一気にまとめてみたい。
 

|

« 「論理力ノート」~イコールの関係~ | Main | 品格と徳 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「論理力ノート」~見出し語~:

« 「論理力ノート」~イコールの関係~ | Main | 品格と徳 »