« 「国家の大義」(講談社+α新書) | Main | 外国人研修生の不当な労働 »

March 07, 2007

インフルエンザの死者の数

 タミフル服用による異常行動による死亡事故が話題になっている。
 では、インフルエンザによる死亡者の数はどんなものなのだろう。
 先日の中日新聞のコラムに数値が載っていた。→ここ

国内ではインフルエンザで多い年には一万人以上が死亡しているが、新型では国の推計で最悪、約六十四万人が死亡する。何としても封じ込めなければいけない。

 インフルエンザの死者数は多い年で1万人。
 それに比べればタミフル事故は年に15例である。

 インフルエンザによる死者を減らすために、
1)副作用に注意してタミフルを服用する。
2)ただし、むやみやたらにタミフルに依存しない。
というあたりが無難なのではないか。

|

« 「国家の大義」(講談社+α新書) | Main | 外国人研修生の不当な労働 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference インフルエンザの死者の数:

» タミフル [お気楽極楽ブログ]
今年は予防接種を受けなかったが、インフルエンザに罹らなかった。... [Read More]

Tracked on March 07, 2007 08:37 AM

» 「タミフル服用後に転落死」新聞は徒に不安を煽らず「確率」を正確に伝えよ。 [JIROの独断的日記ココログ版]
◆副作用の無い薬はない。 私が主張したいことは、2005年11月から 変らない。 [Read More]

Tracked on March 08, 2007 06:58 PM

« 「国家の大義」(講談社+α新書) | Main | 外国人研修生の不当な労働 »