« 尋常小学修身書 | Main | 「徳育」の教科化 »

June 02, 2007

リップンチェンシン=日本精神

リップンチェンシンで検索すると、いくつかヒットする。
自分は『文芸春秋』昨年の8月臨時号「私が愛する日本」で知った。
金美齢さんの言葉の中で次のように。
============
台湾では、戦後、日本時代を懐かしんで、「リップンチェンシン(日本精神)という言葉が使われるようになりました。それは、旧日本軍などが使った国粋主義的な意味合いではなくて、清潔、公正、誠実、信頼、責任感といった人間が生きていく上で守る倫理、美徳といったものを総称した言葉なんですね。(中略)反対語としてインチキはするわ、お金が万能だわ、汚職は大変だし・・というやり方を「中国式」といいます。
============
他国が褒め称える日本の美徳が失われているならば、手遅れになるうちに策を講じるべきだ。
しかし、だからといって「徳育の時間の設置」などと言われると、具体的に決まっていない時点で、批判も上がっている、要するに「修身教育の復活」というトーンである。
「知育・徳育・体育」だから「徳育」という言葉は決して問題はないのだがイメージが悪い。
高校の社会で実施されている「倫理」の授業という名称の方が反発が少ないと個人的には思う。

|

« 尋常小学修身書 | Main | 「徳育」の教科化 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference リップンチェンシン=日本精神:

« 尋常小学修身書 | Main | 「徳育」の教科化 »