« 食品の危険 | Main | 百万塔陀羅尼 »

June 27, 2007

社保庁のボーナス自主返納

先日も書いたが、再度書く。
ボーナスを自主的に一部返納するという。
 

政府は年金記録漏れ問題に関連し、ずさんな年金管理を行っていた社会保険庁について、職員のボーナス(期末・勤勉手当)や給与の一部を削減する検討に入った。
 首相自身のボーナスなども一部返上する方向で調整している。首相周辺が22日、明らかにした。
 公務員のボーナスは、6月と12月の年2回支給されており、6月の支給は目前に迫っている。このため、いつの支給分から適用するか、削減対象を社保庁職員のどの範囲まで広げるかなどを政府内で検討している。
 首相は22日の読売新聞などのインタビューで、「社会保険庁には親方日の丸的な体質が残っている」などと述べ、社保庁の組織体質が年金記録漏れの温床になったとの認識を改めて示した。ボーナスや給与の返上は、国民の社保庁への批判に対し、一定のけじめをつけさせる狙いがある。(2007年6月23日3時20分 読売新聞)

社保庁職員が先日から休日出勤で対応して、その手当てを支給されているのだとしたら、
遅くまで残務処理して、その手当てを支給されているのだとしたら、
5%程度のボーナスを返納しても、大したことないだろう。

我々教員には残業手当がないから、給与がカットされたらお手上げである。
残業手当や休日出勤でまかなえる職場がうらやましいですよ。

|

« 食品の危険 | Main | 百万塔陀羅尼 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 社保庁のボーナス自主返納:

« 食品の危険 | Main | 百万塔陀羅尼 »