« 北九州監禁殺人事件はニュースが地味 | Main | これからが大事なのに »

October 14, 2007

日本の住宅寿命

Kokusai_hikaku_new
世界最古の木造建築である法隆寺は築1300年と言われている。
その一方で、現在の日本の住宅寿命は30年。
やっとローンが終わったら建て替えというのは、あまりに理不尽なサイクルだ。
http://www.hyakunenaisareruie.com/structure.htmlに見られる各国の住宅寿命の表。
アメリカは94年、イギリスは114年か・・・
要するに2世代・3世代そのまま使える住居ということであり、築30年なら、それなりに資産価値があるということだ。映画でもよく「FOR SALE」の住宅が見られる。
海外では住宅メーカーは新築でなくメンテナンス・修理を中心に経営しているそうだ。
車にしろ住宅にしろ家電製品にしろ、どんどん新しい物に替えていく風潮が日本にはある。
修理してもそんなに費用がかかるなら、新築(新品・新車)にしてしまおう、という風潮が日本にはある。
そのようにして新しい物にどんどん買い換えることによる資源ロスは、レジ袋を断るようなちっぽけな節約行為とじゃ比べ物にはならないだろう。
メーカーは本気で「百年住宅」など作る気があるのだろうか。
メーカーは新築主体から修繕主体にシフトしているのだろうか。

耐用年数が短いのは「木造」のせいではない。
法隆寺を見ればわかるように、木は、うまく使えば1000年持つのだから。


|

« 北九州監禁殺人事件はニュースが地味 | Main | これからが大事なのに »

Comments

Actually no matter if someone doesn't know afterward its up to other users that they will help, so here it takes place.

Posted by: Nashvilleseo.org | February 06, 2014 10:48 AM

Ahead Of clicking on a "purchase" option on any website, thoroughly lookover your expenditures. Before buying from a store that's new to you, discover what the store's name is similar to.

Posted by: Michael | March 28, 2014 04:46 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 日本の住宅寿命:

« 北九州監禁殺人事件はニュースが地味 | Main | これからが大事なのに »