« 食糧自給率を憂う自分の位置 | Main | 論理数学的な法則性 »

February 17, 2008

「天洋食品」産と中国産の異同の自覚

Sty0802141654003n1
中国産の冷凍食品というだけで、敬遠する風潮が広まっている。
たしかに心境的には、そうなる。
だから、下記のような主婦の嘆きも分かる。
http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/080214/sty0802141654003-n1.htm

しかし、今現在、天洋食品の冷凍食品だけが問題なのだ。
しかも、特定の人物が混入したと言うことなら、特定の日付のものに限定される。
それを拡大視して中国産すべてが危険なようなイメージをもって一方的に排除しておいて「困った」「家計に響く」と嘆くのは、おかしいのではないか。

三菱自動車にリコールがあって、日本車すべてが拒否されるか。
ナショナルのファンヒーターに欠陥があって、日本の家電がすべて拒否されるか。

そう考えたら「天洋食品」=「中国の冷凍食品」というイコールはありえない。
少なくともマスコミは、冷静な判断に努めるべきだ。
先の特集は対象を勝手に拡大していたずらに不安をあおっているとしか思えない。 

もちろん、個人が中国産の購入を敬遠するかどうかは自由である。

|

« 食糧自給率を憂う自分の位置 | Main | 論理数学的な法則性 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「天洋食品」産と中国産の異同の自覚:

« 食糧自給率を憂う自分の位置 | Main | 論理数学的な法則性 »