« 広重とモネ | Main | ガソリン税率復活が問題なら・・ »

May 04, 2008

観光教育は大事な仕事

 「観光立国」というのは、これからの教育の大切な柱の1つになる。
 諸外国に工業製品を買ってもらうのも、日本に観光してもらうのも同じように日本の収益になる。
 だからこそ「観光」は「観光資源」とも呼ばれる。 

 春休みに家族で伊賀に行った。
 伊賀市は、観光が整っていて大いに感心したが、なかなか記しておけなかったので、復習のつもりでまとめてみる。

(1)伊賀=忍者
 伊賀忍者という「売り」を全面に出している。伊賀上野Ninjaフェスタのポスターが掲げてある。
何人かの子どもが忍者の衣装をレンタルして歩いている。
 忍者屋敷を見て、忍者ショーを見て、手裏剣の実演も体験した。
3つとも有料だが、「伊賀しかない」と思うから、喜んでお金を払った。たくさんの観光客でにぎわっていた。
(2)伊賀城
 お城はついつい見学してしまう。やはり高いところから見る景色はいいし、ましてお城は市内を一望できる位置にあるから、お城は「展望台」としての機能も高い。
(3)だんじり会館
 たくさんの山車が陳列してあった。ここは観光協会事務局にもなっていて、おみやげ売場が充実していた。
 伊賀のおみやげには何があるかが、よーく分かった。
(4)伊賀=松尾芭蕉の生誕地
 芭蕉にゆかりの「みのむし庵」という所も立ち寄った。俳句の応募ポストがあったので息子は投函した。
 関する施設も行った。しかできなおい
(5)神社・寺院
 食事をした近くに「上野天満宮」があったので、お参りした。寺町といっていくつかの寺院が建ち並んだ通りも歩いてみた。
(6)まちなみ
 車で通過しただけだが、町並みに統一感があった。パンフによると江戸~昭和初期の各時代の歴史を伝える建物が残されているのだそうで、銀行やお店も、古めかしい作りになっていた。「武家屋敷や近代洋風建築も多く、まち全体が建築ミュージアムといえます」という謳い文句がよく分かった。
(7)パンフ・マップ
 「伊賀上野絵地図」はお店紹介も含め分かりやすいもので、多くの観光客が絵地図を持って歩いていた。
 「伊賀上野城下町MAP」は、もう少し学術的な香りのする解説マップ。
  解説項目は「伊賀上野城下町」「まちなみ・町家」「松尾芭蕉」「茶文化」「伊賀焼き」「伊賀忍者」「伊賀牛」「豆腐田楽」「伊賀くみひも」
  伊賀上野観光協会のHP

(8)伊賀検定
 最近あちこちで「ご当地検定」が行われている。伊賀学・伊賀検定もあるらしい。
 
 さて、これらを春日井市にトレースして考えてみる(といっても、自分は春日井市出身者ではないので、穴が多い)。
 それは、教師が全て埋めてしまうのではなく、たとえば6年生に、「これらの春日井版を作りとしたら、どうなるかな?」と考えさせればいい。


(1)伊賀=忍者なら春日井は????
 分からない。春日井で観光ポスターを作るとしたら何を「売り」にするのだろう。
 観光客が喜ぶ手裏剣体験のようなものは???

(2)伊賀には伊賀城があるが、春日井にはない。
 お隣の小牧市には小牧城があるし、尾張旭にはスカイタワーがある。
 お城はないが、「展望」でいうと春日井市役所の11Fの展望レストランと東海自然歩道の道樹山の山頂だな。

(3)伊賀には「だんじり会館」がある。春日井市は「小野道風記念館」か。
 いちおう有料施設だが、殺伐としている。もちろんおみやげコーナーはない。
 そもそも春日井にハッキリおみやげと言えるはあるのだろうか・・・。
確かに「サボテン生産日本一」なんだけど・・・http://babu.jp/~kasugaisn/saboten/index-sabo.html

(4)伊賀=松尾芭蕉なら、春日井は書家の小野道風ということになるが、インパクト弱いかなー。
 イベントとして書の大会はある。
 
(5)春日井の神社・寺院
 ヤマトタケルが立ち寄ったと言う内々神社は閑散としている。密蔵院も。
 鷹来小学校の脇の伊多波刀神社もなかなか立派だけど地味だな~。
 
 (6)まちなみ
 鳥居松商店街は少しだけ町並みに統一感があって、昔の雰囲気を残している。
 でも、観光客の来るほどの珍しさはない。
 日本の代表的なニュータウンである高蔵寺地区。
 高蔵寺ニュータウンをん活性化しようというイベントはあるが、内向けであって観光客を想定した外向けイベントではない。

(7)パンフ・マップ
  観光課に案内図があったとしても、駅前にでも置いてないと意味がない。
  商工会議所のHPにマップがある。
   http://www.kcci.or.jp/kanko/index.html
(8)検定
 最近あちこちで「ご当地検定」が行われているが、春日井で作るなら、どんな問題が考えられるだろう。
 そういえば、自分が新任の頃、「春日井カルタ」があった。これも春日井のキーワードを集めていた記憶がある。
 どこかで探して、何がPRされていたか確かめてみよう。


|

« 広重とモネ | Main | ガソリン税率復活が問題なら・・ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 観光教育は大事な仕事:

« 広重とモネ | Main | ガソリン税率復活が問題なら・・ »