« ニュースの読み方 | Main | リットルを教える »

June 07, 2008

スピード社の水着とプラシーボ効果

 571oyt1t00937
 スピード社製の水着を着た選手が次々と日本記録を樹立した。
http://sports.nifty.com/cs/headline/details/ec-mn-mainichi-2008060700m050/1.htm
「みんながぽんぽんと日本記録を出すのを見て『私も絶対に出そう』と思ったという中村礼子さんのコメントがあった通り、この水着ならいい記録が出そう、という暗示効果も当然あったと思う。

 それが「プラシーボ効果」だ。
http://www8.plala.or.jp/psychology/topic/placebo.htm
=======================
 新薬を開発すると、それが本当に効き目があるかということをテストします。
 その時に使うのが、プラシーボ(プラセボ・偽薬)です。
 有効成分が含まれる薬を投与するグループと、有効成分がまったく入っていない偽の薬を投与するグループをつくり、経過を見ます。
 このとき、どちらのグループにも効き目がある薬だと言っておきます。
 なぜ、このようなテストをするかというと、薬の効き目は人の心理的作用に左右されることがあるからです。
 多くの場合、偽薬を投与された人の数%に症状の改善が見られます。
  まったく有効成分が入っていないにもかかわらず、効果が出てしまうのです。
 2つのグループの効果の出かたの差が大きければ、その新薬は効果的なものであることになりますが、
差があまり大きいといえない場合には、効果が期待できないということになります。
============================

 いずれにしろ「スピード社の水着を着ると記録が出る」という事実と風評があるのだから、それを利用しない手はない。着用するしないは選手の自由だが、着用の禁止はありえないと思う。
 それは逆のプラシーボ効果(他社の水着は記録が出ないかもしれない)が作用するからだ。

|

« ニュースの読み方 | Main | リットルを教える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スピード社の水着とプラシーボ効果:

« ニュースの読み方 | Main | リットルを教える »