« ジャパニメーションは日本の誇り | Main | 健全な自尊感情の育成(「ドラゴン桜16巻」が教える「しなやかマインドセット) »

November 20, 2008

相変わらず「いじめ」の表現に問題あり!

大学でのいじめ事件が起きた、といったニュースが報じられた。
 表記が大事なので、全文引用させていただく。
http://news.www.infoseek.co.jp/topics/society/backnumber/n_kyohaku2__20081116_2/

“いじめ報告”に腹立て後輩恐喝、元愛知学院大生2人逮捕
 愛知学院大学(愛知県日進市)の男子バレーボール部所属中に、後輩部員から現金を繰り返し脅し取ったとして、愛知県警愛知署は15日、元部員の八幡素寿(もとひさ)(23)(愛知県長久手町山野田、12日付けで退学)、中古車販売会社員高取峻也(21)(同町東狭間、昨年9月退学)の両容疑者を恐喝の疑いで逮捕した。
 発表によると、両容疑者は昨年4月末、1年の男子部員(20)が、2人から受けたいじめを監督に報告したことに立腹し、「お前のせいで部活を辞めなければならなくなった。300万円を2年で払え」などと言い、暴行を加えた上、昨年5月末から今年9月にかけて、計25回にわたって現金150万円を脅し取った疑い。男子学生はアルバイトなどで金を工面していた。
 八幡容疑者らは、男子部員を山中に放置したり、高速道路のサービスエリアで裸にしたりするなどのいじめを繰り返し、男子部員は1か月で体重が12キロも減ったという。
 さらに「暴力団員の知人がいる」などとして、別の男子部員(21)に暴力団員のまねをさせるなどしていた。同署は暴力団員役をした男子部員も恐喝容疑で書類送検する方針。
 同部は、東海大学リーグ戦で優勝34回の強豪。事件を受けて当面、対外試合を自粛する。
(2008年11月15日23時04分 読売新聞)

・・・監督に報告した「いじめ」の具体的な内容は定かではない。
 しかし、その後の行為は暴行・恐喝・陵辱と言えるような非道いものだ。「いじめ」の見出しは、あまりにも的外れではないか。
 ちなみに、同じニュースを時事通信社では「いじめ」とは呼んでいない。

 元愛知学院大バレー部員2人逮捕=後輩から150万円恐喝-県警 (時事通信)
 愛知学院大学(愛知県日進市)の男子バレーボール部員2人が後輩から現金を脅し取っていたとして、県警愛知署は15日、恐喝容疑で八幡素寿(23)=同県長久手町山野田=と高取峻也(21)=同町東狭間=の両容疑者を逮捕した。いずれも大筋で容疑を認めている。また別の男子部員(21)についても同容疑で書類送検する方針。
 同大によると、八幡容疑者は事件が発覚したため今月退学処分となり、高取容疑者は昨年9月に家庭の事情で自主退学している。
 調べでは、八幡容疑者らは、日常的に暴行していた後輩の男子部員(20)が監督に相談したことに腹を立て、昨年4月、部の寮で男子部員の両手をロープで縛って暴行を加えるなどし、「どうやってけじめを取るんや」などと脅迫。同5月から今年9月にかけ、現金計約150万円を脅し取った疑い。 

・・・こちらの報道は「日常的な暴行」と表記している。暴行・恐喝ような行為を「いじめ」でくくってしまうと、事の重大さがぼやけてしまう。
 「いじめは、れっきとした犯罪です」というコピーもある。
 しかし、犯罪性を強調するなら、暴行・恐喝の方が、響きが重い。
 そもそも大学生である。きちんと犯罪性を強調して報じてほしい。
 そのような報道が「いじめ抑止」につながるのである。

|

« ジャパニメーションは日本の誇り | Main | 健全な自尊感情の育成(「ドラゴン桜16巻」が教える「しなやかマインドセット) »

Comments

今回のケースでは、ないのですが、僕は現在、春日井の中部大学に在学3年の生徒です。同じようなケースで、現在も進行中で悩んでいます。警察、春日井の人権関係の機関にも相談しました。大学の先生は、『アパートをかわってくれ』とか、『カウンセリングを受けてくれ』とか、『高校の先生とは違うから、責任もてない』とか『授業に出られないように誓約書も書かせられているんですよ』といっても『大学構内のことではないので』とか、『イジメルその人がたとえば包丁やナイフをもっていても、それをとがめる権利はないので。』と言われつづけて、何の進歩もない状態で学校へも通えず2ヶ月近くたっているのにもかかわらず学校からも何もコメントもありません。男性3人の学生が来たり、車に乗せられたり、道端で土下座させられたり。これからどうしたらいいのか解らず、書いてしまいました。

Posted by: イニシャルK | December 05, 2008 01:13 PM

Kさん。深刻な被害にあわれているのですね。警察も人権関係の機関も大学も取り合ってくれない、というのは問題ですね。このような時代です。「とりあってもらえなかった」という批判は、どの機関も受けたくないものです。被害状況についてもきちんと証拠や記録を残して、あちこちに相談を続けてください。いつ、○○の機関の対応者○○が、次のように発言し取り合わなかった、というような記録も残し、その上部組織に訴えてください。

Posted by: 竹田博之 | December 07, 2008 01:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 相変わらず「いじめ」の表現に問題あり!:

« ジャパニメーションは日本の誇り | Main | 健全な自尊感情の育成(「ドラゴン桜16巻」が教える「しなやかマインドセット) »