« 「派遣切り」の問題が問いかける日本人の気質 | Main | 中田厚仁さんは、日本の誇り »

January 20, 2009

ケネデイ大統領の所信演説

オバマ氏の就任演説がどうなるかといったニュースの中で改めて耳にした。
ケネデイ大統領の就任演説に次のフレーズである。

◆国が諸君のために、何ができるかを尋ねてはなりません。
諸君が国のために、何ができるかを考えてください。
世界の友達よ、アメリカが諸君のために何をしてくれるかではなく、人類の自由のため我々が何ができるかを考えようではありませんか。◆

http://hw001.gate01.com/katokt/inaugral09.htm#_Toc517502084
によれば、次のようになる。

そして、わが同胞のアメリカ人よ、あなたの国家があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたがあなたの国家のために何ができるかを問おうではないか。
わが同胞の世界の市民よ、アメリカがあなたのために何をしてくれるかではなく、われわれと共に人類の自由のために何ができるかを問おうではないか。◆

 このような社会情勢だから、とにかく否定的に物事を見たくなる。
 政治が悪い・世の中が悪い・人々のモラルがなっていない・環境問題が深刻だ・・・・
などと嘆くことが多い。
 しかし、なげくだけなら誰でもできる。
 肝心なのは、自分が何をするか、である。

 「あなたの国家があなたのために何をしてくれるかではなく、あなたがあなたの国家のために何ができるかを問おうではないか」
・・・このケネデイ大統領の言葉を改めて自分に問い、自分のできること・やらねばならないことを全うしようと思う それにしても、オバマ氏の就任演説も楽しみである。

追加
1月20日の中日新聞「中日春秋」に、フランスの作家ロマンロランの言葉が紹介されていた。
これも名言だ。

「英雄とは自分のできることをした人だ。
ところが凡人はそのできることをしないで、できもしないことを望んでいる」

|

« 「派遣切り」の問題が問いかける日本人の気質 | Main | 中田厚仁さんは、日本の誇り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ケネデイ大統領の所信演説:

« 「派遣切り」の問題が問いかける日本人の気質 | Main | 中田厚仁さんは、日本の誇り »