« ケネデイ大統領の所信演説 | Main | 松方幸次郎氏は日本の誇り »

February 08, 2009

中田厚仁さんは、日本の誇り

Atsu20school202_thumb_2
1993年4月8日。元国連ボランティア(UNV)、中田厚仁さんがカンボジアの総選挙監視員として活動中に、カンボジア中部コンポントム州プラサットサンボー郡で殉死した。
詳細は以下のサイトに詳しい。

http://www.bangkokshuho.com/archive/2007/oldcolumn/cambodia/1261.htm
 中田さんが亡くなった時、その場所には誰も住んでいなかった。 しかし、中田さんが亡くなってから2年後に村が出来た。 村人たちは、中田さんの温かい人柄、献身的な活動と無念の死を悼み、感謝を歴史に残そうと、村の名前を「アツ・ビレッジ」と名づけた。 公式には「ナカタアツヒコ・コミューン」と呼ぶ。

自分の名前が後世に残る。
それだけでも、すごいと思うが、異国の地で村の名前になってしまうというのは、どれほどの尊敬を集めてのことなのか、想像を超える。

http://tamezou6.iza.ne.jp/blog/entry/536110/ の冒頭は印象的なエピソードが示されている。

"I am dying"(私は死んでいきます)という荘重な言葉を最期に、中田厚仁さんが、二十五年の短い生涯を終えたのは、今から五年前の平成五年四月八日、場所はカンボジア、コンポトム州であった。中田さんはUNTAC(国連カンボジア暫定統治機構)のボランティアメンバーとして、総選挙実施の支援活動をしていた途中、何者かに、至近距離から二発撃たれ、一発の銃弾は左側の頭の後ろから左目に貫通したのである。

アツ村のアツ小学校を実際に訪れた人のブログは、実にうれしい。
http://angkor.blog13.fc2.com/blog-entry-774.html
カンボジアに行く機会が生涯のうちにあるかどうか分からないが、アツ村の存在は忘れない。
心の中で中村厚仁さんに手を合わせたい。

|

« ケネデイ大統領の所信演説 | Main | 松方幸次郎氏は日本の誇り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中田厚仁さんは、日本の誇り:

« ケネデイ大統領の所信演説 | Main | 松方幸次郎氏は日本の誇り »