« 国内生産と海外生産の論理 | Main | 教員免許更新制度 »

June 08, 2009

教員免許更新制度①

 教員免許更新制度について、実際のところ多くの先生の関心は薄い。
 「多くの」と書いたが、思い切って数値で言うと8割だと思っている。
 10年に1度受講するこの制度。
 本年4月1日から 平成23年3月31日までの2年の間に受講する必要のあるのが、次の生年月日の方。

55歳 昭和30年4月2日~昭和31年4月1日
45歳 昭和40年4月2日~昭和41年4月1日
35歳 昭和50年4月2日~昭和51年4月1日

 これ以降、55歳・45歳・35歳になる先生方が順次受講対象となる。
 本年度対象者の受講期限が23年3月。
 来年度対象者の受講期限が24年3月。
 10年に1度の受講で、当面意識しているのは今年と来年の対象者ぐらいだろう。これが「2割」の根拠である。
 3年後以降の対象者は
・そのうち改善される
・そのうちなくなる(官製研修で済むようになる)
ぐらいに思っている。

|

« 国内生産と海外生産の論理 | Main | 教員免許更新制度 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/45281413

Listed below are links to weblogs that reference 教員免許更新制度①:

« 国内生産と海外生産の論理 | Main | 教員免許更新制度 »