« 「悼む」 | Main | コンフォートゾーン ・・・「ぬるま湯」からの脱却 »

July 27, 2009

「努力」の指導

Photo
村上春樹よりも村上龍の方が好きである(メデイア露出度のせいでもある)。
 村上春樹の作品を買いに行って、つい息抜きに村上龍を買ってしまった。

 「ハバナ★モード」(幻冬舎文庫)H20年4月初版

 裏表紙の言葉が目を引いた。
================
 『努力すれば何とかなる』と『努力してもしかたがない』。その二つは一見異なった態度のようだが基本的に同じものではないかと思う。
==================
・・・もっと詳しく知りたくなって購入した。
巻頭の1編「ハバナ・モード」に載っている。

◆キューバ人だったら、まず、心のもっともベーシックな部分で、「何とかなるだろう」と楽観するだろうと想像し、それにならおうと思った。それは、必ず何とかなるだろうとたかをくくって安心してしまうことではない。 あきらめるという選択肢を消し、リラックスするためにとりあえず心の状態をポジティブに保つというようなことだ。そして、いったんリラックスしたあと、キューバ人は危機の回避やプロジェクトの実行に向けて猛烈な努力を始める。できることから一つずつやっていくわけだが、その仕事・作業には、「何とかなるだろう」という曖昧でポジテイブな態度とは対極の緊張と集中が必要になる。

・・・この後は先の言葉が続く。

日本では「努力すれば何とかなる」と「努力してもしかたがない」という典型的な二つの態度があるとよく言われる。その二つは一見異なった態度のようだが基本的に同じものではないかと思う。

・・・村上龍は、講演会での質問や、映画制作や執筆途中の出来事、緊迫した国際問題など具体例を重ねることで説得する方法をとる。
 村上春樹は小説の中で比喩表現で抽象的に理解させようとする。
 村上龍はエッセイの中で実例を挙げて具体的に理解させようとする。
 それは作家の違いであるし、文章の質の違いである。

 村上龍の具体例を省いて、「努力」に関する言葉を引用する。
 その言葉は、いわば「変化のある繰り返し」である。

努力というのは、本来その内部にある矛盾を抱えている。「最終的には何とかなるはずだが現状ではまったく不可能だ」というような矛盾だ。

何とかなるという前提とこのままではダメだという絶望が同居して、その二つを近づけ混在させるためのあらゆる努力が必要になるという考え方は、この日本社会にはほとんどない。

何とかなるだろうという曖昧でポジテイブな前提と、このままではどうしようもないという絶望の間に、わたしたちの努力のすべてがある。

そして実は、曖昧でポジテイブな前提と救いのない絶望の広大な乖離から個人としての希望のようなものが生まれる。

◆「ほとんどゼロに思える可能性に対する不断の努力」が不可欠なのだ。
・・・村上龍が「ハバナ・モード」と呼んでいるこのような「努力」の態度は、危機に際した国家や個人が取りうるおそらく唯一の基本戦略なのだと言う。
 ただし、この章の最後となる次の一文は、これまでの主張の繰り返しの一つであるとは思うのだが、私には十分な理解ができなかった。

曖昧でポジテイブな前提とその実現に際して不可能性の自覚だけが、人生の局面に小さな亀裂を作り、努力する対象にわたしたちをフォーカスさせる。
・・・村上龍には申し訳ないが、ここは自分の言葉に直してみないと分かりにくい。
 村上春樹の小説なら、ここで比喩的に伝えるところか?
  「つまりさ、『努力すれば何とかなる』と『努力してもしかたがない』は、コインの裏表みたいなもので、結局は同じものなんだ。視点の置き方次第でポジテイブにもネガテイブにもなれるんだ。」なんて感じか?

 村上龍の言いたかったことは、次のようにまとめていいのかどうか自信がない。
 
 『努力すれば何とかなる』は楽天的すぎるかもしれないが、あきらめるより数倍いい。
一方『努力してもしかたがない』は悲観的すぎるが、このままではどうしようもないという絶望を乗り越えるだけの努力を促すには、これくらい刺激があるくらいがちょうどいい。

・・・村上龍の言葉を読んで、かつて大学の友人が「無為自然」と「なせば成る」を使い分けていると記していたことを思い出した。
 「なせば成る なさねば成らぬ何事も」と信じて努力を続けるが、やれるだけのことをしたら、あとは「無為自然(なすがまま)」の心境で結果を待つ、という態度だ。
 友人が提示した2つの言葉は、村上が否定する日本社会における「努力(ハバナ・モード」のありようを端的に表しているように思う。

 ちなみに、「為せば成る 為さねば成らぬ何事も 成らぬは人の為さぬなりけり」
・・・米沢藩主の上杉鷹山の言葉である。
 ① 人が何かを為し遂げようという意思を持って行動すれば、何事も達成に向かう。
 ② ただ待っていて、何も行動を起こさなければ良い結果には結びつかない。
 ③ 結果が得られないのは、人が為し遂げる意思を持って行動しないからだ。
 3つとも意味はほとんど同じ。変化のある繰り返しで、「やればできる」が強調されている。

 さて、村上龍の「努力」の考察は、努力したら実現するほど世に中は甘くないという警鐘を含んでいた。
 それを読んで、昨年「夢」について書いたことを思い出した。
===================
September 05, 2008

 あきらめなければ夢は絶対にかなうのか?
 「あきらめなければ夢はかなう」とよく言われる。夏の北京オリンピックや日本テレビの24時間テレビでもよく聞いた。
 卒業式で子どもが歌う歌に中にも「かならず夢はかなう」「夢をあきらめないで」というフレーズがある。
 その言葉の大事さは分かる。
 しかし、その一方で、無条件に「あきらめなければ夢はかなう」を信じてはいけないぞ、と抑制が働く。
 頂点に立ったほんの一握りの有能選手の下には、たくさんのあきらめた選手がいる。
 100人が「オリンピックのマラソンの代表に選ばれたい」と願ったら、かなうのは4年に3人の狭き門だ。
 夢破れた人が逆に「どうせ、俺は挫折した人間だ」などと自己嫌悪に追い込まれるようではいけない。
  「○○高校に入りたい」と受験勉強にがんばってる中学生も、たくさんいるだろう。
 どんな高校だって、全員合格ははありえない。
 そんな時「あきらめなければ夢はかなうと信じて勉強してきたのに、結局、別の高校に行くことになった」と自暴自棄にならないようなケアが必要で、「必ず夢はかなう」という言葉だけが絶対視され、あきらめずに夢をかなえた人だけが英雄視されるのは問題だと思う。
 転身も大事な人生の1つの選択肢のはずだし、失敗も挫折も人生の大切な糧である。
 そもそも「夢」というものは、「○○になりたい」「○○で優勝したい」といった即物的なものである必要はないわけで、「人の役に立ちたい」「自分の長所を生かした職につきたい」というような幾分漠としたものであってもよい。
 後者のような夢の設定なら達成の確率はがぜん高くなる。
 夢の内容を絞り込めば絞り込むほど自分の首を絞めることになる。大人はそれが分かるが、子どもはどうだろうか。
  週刊ポスト9・12号の連載コラム『昼寝するお化け』(曽野綾子)の中に、同じような主張があった。
 東京オリンピックの際は「なせばなる」というフレーズをマスコミが熱狂的にもちあげたのだそうだ。
◆人間社会で「なせばなる」が通るなら、それは戦争中に命を賭けて闘った日本人すべてを否定するものだ。そんな非礼はない。それなのにスポーツの世界になると、そんな熱狂が平気で通るのである。
人間の世界には、どんなになそうとしてもなし得ないことがある。その悲しみを知るのが人間の分際であり、賢さだろう。
(中略)人間の生涯の勝ち負けは、そんなに単純なものではないのだ。私たちが体験する人生は、何が勝で、何が負なのか、その時はわからないことだらけだ。数年、数十年が経ってみて、やっと答えが出るものが多い。その原則を無視するスポーツに、私は基本的にはあまり魅力を感じない。◆
・・・私はそこまでスポーツを嫌わない。でも曽野氏が批判する戦時中の「なせばなる」と、昨今の「あきらめなければ絶対に夢はかなう」は同義だ。
 無節操な根性主義が、相変わらず日本の精神性に会っていると言うことなのだろうか。
 それにしてもスポーツと人生は違う。
 スポーツの成功者の談話をすぐに人生訓として用い、理想の上司論とつなげ、スポーツコーチングのノウハウを 日常のメンタルトレーニングやビジネスの管理術に安易に流用するような風潮は戒めていきたい。
================
 ところで、実際の指導場面では、夢や目標を列挙させて終わることはない。
 ・イメージを具体化する
 ・何をすべきかを明確にする
 ・数値目標を決める
 ・期限を決める
などの手だてを打つから、夢だけ語って結果待ちということにはならない。
 原典が定かではないが、かつて築地久子学級では「七夕に願い事を書けば、かなううのか?」で討論させていた(と記憶している)。
 他人任せ・神頼みでは願いが叶わないことを自覚させる討論だったのだろう。

・夢を持つことの大切さは教えるべきだ
・夢を実現するために努力することの大切さも教えるべきだ
(努力もしないで夢だけ描くことの愚かさも教えるべきだ)

 そのようなステップの上に

・努力が実らないこともある。
・努力が直接実らなくても、別の場面で生きてくることがある。
・努力を続ける姿勢が大事

という指導があればよいのだろうと思う。
 早い段階で
・努力したって大半は無駄
・夢はかなわないことは多い
といったネガテイブな指導はいらないし、すべきではない。

|

« 「悼む」 | Main | コンフォートゾーン ・・・「ぬるま湯」からの脱却 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/45756726

Listed below are links to weblogs that reference 「努力」の指導:

« 「悼む」 | Main | コンフォートゾーン ・・・「ぬるま湯」からの脱却 »