« September 2009 | Main | November 2009 »

October 14, 2009

現役教員の資質向上は、どこで誰が保障するのか?

 民主党のかねてからの方針通り、教員免許更新制度は廃止の方向のようだ。
 面倒な講習など受けたくないと誰もが思う。
 しかし、教師は国家の未来を背負うのだ。常に研修に励み、最新の知識・最新の技量を得る努力は必要だ。
 それは「やらされて学ぶ」ものである必要はなく、本来は「自主的な学び」でも構わないのだと自分も思う。
 調べれば、全国各地で教員向けのセミナーは数多くやっている。その気さえあれば強制されなくたって自主的な参加でも教師の技量は高められる。
 しかし、自主性に任せるだけでは心配だから、講習の「義務」が課せられたのだ。
 講習の「義務」が課せらるほどに教師の力量が世間から疑われ、
 講習を「義務」としなければ、日々安穏として学ぼうとしない教師が多いと思われていたのだ。

 さて、今日のニュース。

教員免許には修士号、実習は1年…文科副大臣
 文部科学省の鈴木寛副大臣は14日、記者団に対し、衆院選の政権公約(マニフェスト)に掲げた教員養成課程の6年制や専門免許制について、「教員を研修する大学院の受け入れ態勢など(の制度設計を)来年度に精力的に検討しなければならない」と述べ、早期の実現に意欲を示した。
 6年制は従来の大学4年間に加え、大学院2年間での修士号取得を教員免許の条件とするほか、教育実習を現行の2~4週間から1年間に延長する。専門免許は一般免許の上級にあたり、8年以上の実務を経験した現役教師が、2年間の研修で取得できる仕組みを想定している。
 一方、鈴木氏は現行の教員免許更新制について、「来年は引き続きやってもらい、専門免許制を検討する中で移行していく」と語り、新制度の準備状況に応じて11年度以降に廃止する考えを表明した。
 今春に始まった更新制は、教員に10年に1度、大学での30時間の講習を義務づける制度だが、日本教職員組合出身の輿石東民主党参院議員会長らが廃止を強く主張している。
(2009年10月14日19時51分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20091014-OYT1T00956.htm


教員免許更新制度、来年度で廃止検討
 教職員に10年に1度、「木登り」などの講習を受けることを義務づけ、今年度から始まったばかりの「教員免許更新制度」ですが、文部科学省は来年度限りで廃止する方向で検討を始めました。
 教員免許更新制度は、安倍内閣時代に教育改革の目玉の一つとして作られたもので、教職員を続けるためには、10年に1度、指定された大学などで講習を受けることが義務づけられています。
 今年度から始まったばかりのこの制度ですが、講習には「木登り」や「火おこし」、「オペラ」などがあり、「教員としての技術向上に効果があるか不透明」などと、現場からは多くの批判がありました。
 こうした批判を受け、文部科学省は来年度限りで廃止する方向で検討を始めたものです。また、現在4年制となっている教員養成課程を、大学院を加えた6年制に延ばす方針も決め、来年度予算の概算要求に盛り込む方針です。(14日11:25)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4258038.html

 どさくさのまぎれのように、免許更新制度廃止の代わりのような形で、教員養成を6年制にするとある。
(1)教員養成を6年にするのは、現在の高校生の進路選択にも大きな影響を与える問題だ。
  6年もかけても教員採用試験に受かるとは限らないし、4年制大学卒業者と同じように新規採用で就職活動で  きないのだから志望者は激減する可能性がある。
  4年間終了後に、教員採用した側が身分と給与を保障した形で2年間のインターン制度をとるなら分かる(そんな財政負担を地域ができないだろうこともよく分かる)。

(2)現在問題になっているのは、ベテランと呼ばれる教師の学級でも崩壊が起こっていることで、旧態依然とした指導法が通用しなくなっていることだ。ベテランの教師も謙虚に学んでいかないと、新卒教師にかなわないのだ。教員養成を6年制にしたところで、現場教員の資質向上の代案にはならないのだから、免許更新制度を取りやめにする根拠が見当たらない。

、日教組の「楽したい」教師の言いなりになったわけではない、と主張したいなら、文科省は、どのように教員の資質向上を支援するのかを提示すべきだ。

 それにしてもTBSニュースの冒頭はヒドイ。
 教職員に10年に1度、「木登り」などの講習を受けることを義務づけ、今年度から始まったばかりの「教員免許更新制度」ですが・・・

 「木登り」などの講習を受けることを義務づけたわけではない。
 義務付けた講習の、ごく一部に「木登り」が含まれていたのだ。
 当然30時間「木登り」だけをやり続けて講習の単位が全部もらえるわけではない。
 それを分かっていて「教職員に10年に1度、『木登り』などの講習を受けることを義務づけ、今年度から始まったばかりの「教員免許更新制度』」と説明する悪意。
 まさに、マイナスイメージの刷りこみ=イメージ操作・情報操作の典型例である。 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2009

日本教育技術学会 愛知大会

第23回 日本教育技術学会 愛知大会
~身銭を切る免許更新制-現場が受けたい講習とは-~
   
                      
 教員免許更新制度に対するTOSS代表向山洋一氏のスタンスが『現代教育科学』6月号に掲載されています。
==============================
私は、基本的にこの制度に賛成である。それは、教師の中には「英会話の授業は持ちたくない」「パソコンの授業などできない」と公言してはばからないヴェテランがかなり存在するからだ。
それのみか、高学年は絶対担任したくない」「発達障害の子を持ちたくない」と言って、ゴリ押しする状況が各地で見られるからだ。
 学級崩壊したクラスをヴェテランが逃げまわり、「新卒教師」「新任教師」にまわされている状況も広く存在する。むずかしいクラスを新卒が担任して自殺まで至ってしまった例も、一つや二つではない。
 どれも「教師の技量が追いついていけない」からであり、改革が必要とされているのである。

==============================

 免許更新制度には、不備もあります。この制度を運用する文部科学省や、講座の大半を請け負う大学に対する批判や要望もするべきだと思います。
  しかし、一方で「不勉強な教師・学ばない教師」になってはいけないし、そのような教師に迎合しようとは思いません。費用も時間もかかりますが「なくしてほしい・なくせばいい」というわけにはいきません。
 免許更新制度を機に、教師にとって本当に役に立つ研修制度の在り方が議論されることを願っています。
 しかし、政権交代直前に、あるニュースが飛び込んできました。
 

教員免許の更新制廃止 民主方針、12年度から
           2009年8月27日 夕刊

 民主党は27日、衆院選で政権を獲得した場合、教員免許取得に必要な大学の4年制養成課程を、2012年度から大学院2年も義務化して6年制に延長する方針を固めた。教員の指導力向上が目的。今年4月に始まった教員免許更新制度は「教育現場の負担が大きく、効果が不透明」として新制度導入に合わせ廃止する。免許取得前1年間の教育実習も義務付ける。
 6年制の受け皿となる「教職大学院」は09年度現在、全国に24校しかない。民主党は、11年度までに都道府県ごとに設置した後、12年度から新制度に移行させる考え。政権獲得後1年をかけて(1)カリキュラムの策定(2)教授陣の選考(3)教育実習受け入れ校の確保-などの準備を進める。
 教員免許更新制は「教育再生」を掲げた安倍内閣が「不適格教員」排除を念頭に導入を決めた。教員免許を有効期間10年の更新制とし、更新前に30時間以上の講習を義務付けた。しかし講習時間確保を求められ、教育現場の負担が大きいなど問題点が指摘されている。
 民主党は現職教員の質の向上策として、免許取得後8年以上の現場経験を積み、「教科指導」「生活・進路指導」「学校経営」の各分野で高い能力を持つと認定された教員には「専門免許状」を与える制度も新設する方針。
 将来的には、校長や教頭などの管理職となるには学校経営の専門免許状取得を条件とする方向だ。

 翌日、学校でも「やっぱり廃止かあ」の声が上がっていました。
 すでに取り組んできた人もいる、というか始まったばかりの制度なのに一巡することもなく、改善でなく廃止と打ち出すのは極端な話です。
「安倍政権の負の遺産」といった意識があるのかもしれません。
 6年制延長も専門免許状も極端な提言だから、どうなるかは分かりません。
 でも、ようやく制度が始まって苦労して受講している先生方の気持ちを逆なでしていることは確かです。

 さて、表題にあるように、日本教育技術学会が愛知県で開催されることになりました。
 今回の学会のテーマ「免許更新制」については、政権交代した民主党が廃止を主張しており今後の動向が気になるところです。
 しかし、教師として子どもの前に立つ以上、日々の研修が必要であることは言うまでもありません。
 日本教育技術学会は、TOSS代表向山洋一氏を会長とする学会であり、各講座の多くはTOSSを代表する先生方が担当されます。
 我々地域サークルのレベルでは到底伝えることのできない最新の教育内容を知り、最高の授業技術を体験できる絶好の機会です。
 もちろん学会員でなくてもかまいません。非学会員として申し込んでいただければけっこうです。
 ぜひ,ご参会下さいますようご案内申し上げます。
 分科会については、入金順に参加する分科会が選べます。
 11月7日の予定が不確かでも、お早めに申し込みください(キャンセルの場合は1000円を差し引いて返却いたします)。
 参加費は郵便局で振り込んでいただければ完了です。
 我々も大会事務局・スタッフとして会場でお待ちしています。
 なお、お知り合いの先生方にも紹介いただければ幸いです。

1 名 称   第23回 日本教育技術学会 愛知大会

2 日 時   平成21年11月7日(土) 午前10時00分~午後4時00分
  (受付9時15分~)

3 会 場   あいち健康プラザ(JR大府駅から知多バスで12分)
   ※当日は大府駅よりシャトルバスも運行します。
 高速道路利用の場合、知多半島道路「大府東海IC」から約10分

4 講座内容  下記リンク先のHPをご覧ください。
        
  愛知県教委・名古屋市・春日井市教委等たくさんの教育委員会の後援をいただいています。


<申込先> 夏目雅子 masako-n@live.jp
<HP> http://www7a.biglobe.ne.jp/~polar/gakkai23aichi.html

| | Comments (1) | TrackBack (0)

October 09, 2009

『終末のフール』 伊坂幸太郎

Photo

 『終末のフール』 伊坂幸太郎

 ストーリーも作者の思いも、下記のWEBに詳しく書かれている。
  作者本人の言葉・インタビュアーの言葉に、自分と同じ感想を見つけて、うれしいようながっかりするような複雑な気分だった。文庫の解説にも自分の言いたいことが、書きつくされていた。

http://www.s-woman.net/isaka-koutarou/1.html
――やられました。パニックのど真ん中ではなくて、隕石衝突の3年前の、なぎの状態を描くという設定が、ユニークですね。
・・・これなど、まさに「やられました」である。
 そして、伊坂の次の言葉。
 「いきなりですけど、僕自身も事故にあったりして、明日死ぬかもしれないじゃないですか。そうじゃなくても、いつかは必ず死ぬ。それこそ3年後に死ぬかもしれない。それなのに、今、全然ビクビクしないで普通に生きていますよね。別にパニックに陥ったりもしていないし。それって“3年後に隕石が落ちてくる”というのと、どこか似てると思うんですよ」・・・この作者の思いが作品の中で、はっきり表れている箇所がある。
 初読で最後まで読み切っていないのに「あ、多分ここがこの作品のクライマックスだ」と感じた部分。
 それは、自分だけが感じる部分ではなく、多くの人が感じる部分なのだろう。
 上記のサイトでも4ページ目に、紹介されている「鋼鉄のウール」の一節だ。
 「苗場君って、明日死ぬって言われたらどうする?」という問いに対する苗場君のセリフ。
◆「変わりませんよ」
◆「明日死ぬって言われたら、生き方が変わるんですか?」
◆「あなたの今の生き方はどれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」
・・・このセリフは苗場君の口を借りて、作者が読者に問いかけているものだ。
 そのことを上記のインタビューのコメントが裏付けている。
 人は、いつか死ぬ。
 ならば、目の前に迫った死を恐れてじたばたするのも愚かだし、死を意識せずに漫然と過ごすのも愚かだ、と。
 そのことをストレートな説法でもなく、身近な設定でもなく、隕石が落ちてくるという突拍子にない設定であるところが見事だ。
 病気や年老いて死ぬ、という設定では、あまりに重い。この病気や老いによる「死」を主材にしたのが、重松清の『その日の前に』。確かに読後感は重く、自分の死を意識させる。
 一方、現実感のない「死」を主材にしたのが、この『終末のフーレ』。こちらは3年後の死を前にたくましく、冷静に行動していて、むしろどう生きるべきかという「生」を意識した。
 そのメインが「明日死ぬって言われたら、生き方が変わるんですか?」「あなたの今の生き方はどれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」という問いかけなのだ。

 読んではいないが『夢をかなえるゾウ』には、夢をかなえるためのいくつかの課題がある。
 最後の課題は「今日が地球最後の日と思う」
 これなどは、『終末のフール』の意図と同じなのだろう。
 ただし、『夢を~』の方は、今日が最後だと思うことで、やり残したことを精一杯やるストーリー。
 『終末~』は、3年後ということもあり、今まで通り淡々と生きる、ことを重んじるストーリー。
 そんな平凡な日常でいいのか?
 そんな平凡な日常でいいのだ。
という葛藤すら感じる。ここが、先述した「パニックのど真ん中ではなくて、隕石衝突の3年前の、なぎの状態を描くという設定が、ユニークですね」につながる。
 もし、これが明日隕石が衝突ということになれば、最終章にあるように、じたばたもするのだろう
(P338)
◆ 「死に物狂いで生きることは、権利じゃなくて、義務だ」
◆ 「だからみんな、他人を殺してでも生き延びようとする。自分だけでも助かりたいってな。醜く生きるわけだ、俺  たちは」
◆ 「他人を蹴落としてでも、無我夢中で生きるわけだ」
◆ 「これは嫌な、生々しい話なんだ」

・・・この箇所では、「何だか嫌な、生々しい話」として書いてあるが、その生々しさがラストのラストでは昇華されている、という印象がある。
その時の私たちはおそらく、今のように落ち着き払ってなどはいないだろう。怯え、恐怖で脚がすくみ、心は乱れ、櫓の梯子もろくに登れないかもしれない。
 けれど、きっと私と華子は、そして父は、死に物狂いで櫓に攀じ登るに違いない。(中略)とにかく未来を、私たちの未来を、一分でも一秒でも長く生かすために、なりふり構わず腕を伸ばす。きっとそうだ。
 みっともなくて、見るに耐えない必死さだろうな、と思ったところで私は、自分の肩から下がる娘の脚をぽんぽんと叩いた。「じたばたするけど許してくれよな」と言う。
(P366)
・・・生きるということは決してスマートではないんだな、と強く思わせる見事な一節だ。
 「じたばたするけど許してくれよ」という言葉もまた穏やかで、この短編をラストに持ってくる組み立てもまた見事なのである。  

※書店に行ったら「終末のフール」に帯がついていました。
帯のコピーは
「あなたの今の生き方はどれくらい生きるつもりの生き方なんですか?」
・・・やはり、この1文がクライマックスなんだな。「

| | Comments (163) | TrackBack (0)

October 07, 2009

国産ジェット機、海外から100機受注!

Mrj_1
おめでとう! 国産ジェット機の海外受注

三菱航空機ニュースNo. 10 2009 年10 月2 日  米国トランス・ステーツ・ホールディングスとMRJ 100 機購入に関する覚書を締結  三菱航空機は米国のトランス・ステーツ・ホールディングス社(TSH)との間で次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi Regional Jet)100 機購入に関する覚書を締結した(確定50 機、オプ ション50 機)。(中略)  今回MRJ を発注したTSH 社長リチャード・A・リーチ氏は、「MRJ は素晴らしい航空機であり、今回100 機購入の覚書を締結できたことを大変嬉しく思う。また、我々が、MRJ にコミットする米国初の航空会社であるだけでなく、日本国外で初めての航空会社であることを誇りに思う。  MRJ は環境、乗客、エアラインを重視した革新的なリージョナルジェット機である。  MRJ がもたらす低燃費、低騒音、低排出ガスなどの環境性能は、エアラインの運航コスト低減に直結する。 (中略)この素晴らしい次世代のリージョナルジェット機が当社の路線に就航する日を待ち望んでいる」と語った。
http://www.mrj-japan.com/j/images/20091002_mitsubishi_aircraft_news_no10_j.pdf


・・・国産ジェットの性能が世界に認められたという事実もうれしい。
 しかも、この三菱航空機は、この愛知県下の企業。
 とりわけ、旧名古屋空港近隣の豊山町は、この国産ジェット機の研究施設の誘致を進めている。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/business/manufacturer/264991/

 国産ジェット機の研究施設を誘致 名古屋空港隣接地
                  2009/06/11 14:25更新
 愛知県は、宇宙航空研究開発機構の国産ジェット機の研究施設を県営名古屋空港(同県豊山町)の隣接地に誘致することを決定した。宇宙機構は三菱重工業などと、国産初の小型ジェット機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」や次世代航空機の開発を進める。
 県によると、宇宙機構は2011年度から、最新鋭の飛行実験機を導入してMRJの実証テストを施設で行う。次世代の超音速旅客機開発や宇宙分野の研究支援も行う予定。
 空港周辺に航空宇宙産業の関連企業があり、空港の滑走路を使った実験ができることから最適と判断された。施設の床面積は約2400平方メートル。県は施設建設費などとして来年度予算に約7億円を盛り込む。

・・・豊山町には、三菱意外にも航空宇宙の関連企業がある。
 豊山町が、イチローの故郷というだけでなく、日本の次世代産業を背負う重要なポイントなのだ。

http://www.mrj-japan.com/j/access.html


| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 04, 2009

客観報道~期間従業員採用~

 9月のニュースだが、トヨタ自動車が期間従業員の採用を復活させたとのニュースがあった。

1年4か月ぶり 来月から800人規模  トヨタ自動車は8日、10月から期間従業員の採用を約800人規模で再開すると発表した。期間従業員の採用は昨年6月以来約1年4か月ぶりだ。対象となるのは、過去1年間に契約を打ち切った期間従業員6000人。10月以降ハイブリッド車「プリウス」を生産する堤工場など愛知県内の工場に勤務する。雇用期間は来年1~3月までとし、生産状況に応じて延長するかどうかを決める。  昨年3月に9000人いた期間従業員は生産台数の低迷で今年7月末には1500人に減った。しかし、ハイブリッド車を中心に販売が回復しつつあることから、今年7月から堤工場で休日出勤を再開するなど、現場では人手不足になり始めていた。  大手自動車メーカーで期間従業員の採用を再開するのは、三菱自動車と日野自動車に続き3社目となる。(2009年9月8日 読売新聞)

http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/enterprises/jinji/20090908-OYT8T00746.htm

 

トヨタ:期間従業員1600人に 応募者多数で倍増

 トヨタ自動車は30日、10月から採用を再開する期間従業員の人数を、当初予定の2倍の1600人にすると発表した。1年4カ月ぶりとなる採用再開を発表した9月8日時点では800人の予定だったが、希望者が予想以上に多かったため、1カ月足らずで計画変更した。
 期間従業員の採用は、エコカー減税など政府の支援策で売れ行きが好調なプリウスなどのハイブリッド車(HV)を中心とした低燃費車の増産に対応するためで、過去1年以内に契約が満了した経験者が対象。追加募集することになる約800人は11月までに順次採用し、プリウスを生産する堤工場(愛知県豊田市)など愛知県内の工場に配置する。契約期間は4~6カ月で、生産状況などを見ながら更新も検討する。
 トヨタの1日当たりの国内生産台数は、在庫調整のため減産していた今年2~4月の約8000台から9月末には約1万5000台に回復している。【米川直己】


http://mainichi.jp/select/biz/news/20091001k0000m020070000c.html

・・・いくつかのニュース記事を探したのだが、「すごい」と思った。
 どの記事もきわめて客観的な事実の紹介にとどめ、いつになく私見・私情が入っていないのだ。
 読売新聞は、この期間工採用復活のニュースをどう考えているのだろう。
 毎日新聞は、期間工採用が倍増したことをどう考えているのだろう。
 このあたりが読み取れない記述なのだ。それはニュースとしては基本なのだが、期間工採用のニュースは、よいことなのか・悪いことなのか、が見えてこないのだ。
 「よくない」という立場の論点は、たとえば
1)結局は、正規労働者の採用ではない
2)来年3月までの採用でしかない(半年後に、また仕事がなくなる)
3)トヨタは昨年夏のピーク時に約1万人いた期間従業員を約1500人にまで削減した。
  8500人削減しておいて、やっと800人・1500人である。

 派遣切りやら非正規雇用といった、これまでさんざん問題になったことに一切不問にして相も変わらず受注が増えたから期間工を半年間募集し、雇用の「調整弁」にしているのだ。今度は半年後は更新なくても文句を言わないように、という意志すら感じてしまう。
 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

「エンゼルバンク」10.15号

「エンゼルバンク」10月15号は、次の主張。

◆「経営の基本は伝言ゲームです」
◆「伝言ゲームのうまくいっている会社は必ず儲かっています」

 これは、そもそも「伝言ゲーム」の状態は、起こりうるという前提からなっている。
 どんな企業でも集団でも、何か情報を流した時に「伝言ゲーム」のように間違って伝わっていくことはある、という前提に立つからこそ

 ・そのような情報のズレをどうやってなくすか

という対策が浮かんでくる。
 「なぜ、情報がずれたんだ」と責めるのではなく、事前に情報がずれないような策を打っておくべきなのだ。
 そのことを、漫画内で次のように書いている。

 「伝言が変形した時途中の人の責任が金が問われるのがダメな会社。発信者が責任を負うのがいい会社です

 その上で、発信の注意点を示している。

 「伝言ゲームの始まりとなる上司は指示の出し方をもっと工夫しなくてはいけない」
 「中谷(社長)はみんなに伝わるように同じことを色んな方法で説明します」

・・・教育にとっても「指示の原則」は重要だ。
 簡明の原則・一時に一事の原則・最後の行動まで示せ・数値で示せ、など。

 一方で、これは組織論・運動論でもある。次の台詞は、なるほど、と思う、。

 「伝言ゲームがうなくいくとは社内に自分の分身ができること」

 1人で何でも処理しようとすると組織は破綻する(その人がいなくなったらお手上げになるからだ)。
 常に分身ができるように意識して伝えること・文書に残すことを心がけていきたい。

 それにしても、毎回ためになる漫画である!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「エンゼルバンク」10・08号(三田紀房)

 コミックモーニング連載の「ドラゴン桜」もおもしろかったが、その外伝の「エンゼルバンク」もおもしろい。
 たとえば、10.8号。
 日本は豊かでない、という主張が出てくる。
 それも「精神的な貧しさが物質面でも表れている」と。
 理屈はこうだ。

◆確かにモノはたくさんあふれている。
◆だが、しかし、そのモノはきわめて単一で、選択肢が少ない。
 よく売れるものは大量に生産されるが、売れないものは生産されない。
 このような選択肢のなさは、「この国が豊かでない」ことの表れである。
◆だから、この国は豊かでないし、多様な選択肢を提供しない精神的な貧しさは物質面でも表れている。
 (このことを主張するため、野菜が限られた品種氏jか生産されていないこと・ヨーロッパではトマトにも多様な種類が売られていることを例示している)

 売れるものしか作らない
 売れないものは作らない
ということは、少数の意見を吸い上げないことであり、新たなニーズ・新たな市場を掘り起こさないことだ。

 メガヒットを望まなくたって、コアなニーズに応えることで市場を開拓することも可能である。
(それは、私の好きではない言葉ではあるが「ナンバー1よりオンリー1」の発想である。

 メガヒットの商品の売れる秘密を探るのもおもしろい。
 でも、一方で、メガヒットとは逆の発想をすることで新たな展開も可能になる。
 以前の「エンゼルバンク」にも、逆の発想の勧めがあった。

 「エンゼルバンク」は、自分の凝り固まった発想を打つ砕いてくれる。実に痛快な漫画である。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

« September 2009 | Main | November 2009 »