« 「興奮と抑制」=「発散と集中」 | Main | いじめについて考える »

March 04, 2010

真央ちゃんあってのキム・ヨナの金メダル

フィギアスケートの特番を観た。
真央ちゃんにとっては、当たり前とも言えるトリプルアクセルのジャンプ。
数年前、真央ちゃんのジャンプを見たキム・ヨナは「とても自分にはできない」と思ったそうだ。

自分にはトリプルアクセルはできないと判断したキム・ヨナはどうしたか?

彼女は無理に新しいワザ=トリプルアクセルに取り組んでケガをするリスクを回避した。
今ある自分の技に磨きをかけることに専念した。
彼女にとっての「技」は、「芸術性」。
キム・ヨナは自分のできないトリプルアクセルに対抗するために、自分の持ち味である芸術性を磨くことに専念したのである。

キム・ヨナの金メダルは、真央ちゃんに劣る自分の技術にめげることなく、自分らしさを追究した成果だった。

「自分にないものをねだるな。あるものを伸ばせ」(自作の語録)

たとえば、受験前にはバタバタと新しい問題集に手をつけるのではなく、やってきたものをじっくり復習しろと言われる。
同じ事だろう。

むろん、逆のアドバイスが有効な場合もある。
「失敗をおそれるな」
「失敗をしない唯一の方法は、何もしないことだ」
「チャレンジしなければ、自分は変えられない」

・・・ただし「間に合う・間に合わない」という期間の問題もある。
じたばたして結果が得られそうにないなら、今ある自分を大事に磨けということだ。

|

« 「興奮と抑制」=「発散と集中」 | Main | いじめについて考える »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 真央ちゃんあってのキム・ヨナの金メダル:

« 「興奮と抑制」=「発散と集中」 | Main | いじめについて考える »