« 何を今さら! 高齢者行方不明 | Main | 自分の「普通」は、他者にも「普通」か? »

August 18, 2010

読書感想文の書き方

昔は読書感想文を書くためには

(1)分かりやすい後がきを読む
(2)映画を見て、内容を把握する

ぐらいしかなかった。
今は

(3)人の書評がたくさんネットで検索できる

しかし、他人の感想文をまねても、いい読書感想文は書けない。
ありきたりの感想を書いても教師や選者の目には止まらない。

大事なのは「自分らしさ」である。

◆自分にも似た体験がある
◆自分も同じような気持ちになったことがある
◆もし、自分が登場人物だったら
◆この本を読んだ体験を生かして、こんな生き方をしてみたい。

というように書けば書くほどパタ―ン化されて、つまらなくなるかもしれない。

共感や反発や疑問・決意など・・・である。

|

« 何を今さら! 高齢者行方不明 | Main | 自分の「普通」は、他者にも「普通」か? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/49182659

Listed below are links to weblogs that reference 読書感想文の書き方:

« 何を今さら! 高齢者行方不明 | Main | 自分の「普通」は、他者にも「普通」か? »