« 何を今さら! 高齢者行方不明 | Main | 自分の「普通」は、他者にも「普通」か? »

August 18, 2010

読書感想文の書き方

昔は読書感想文を書くためには

(1)分かりやすい後がきを読む
(2)映画を見て、内容を把握する

ぐらいしかなかった。
今は

(3)人の書評がたくさんネットで検索できる

しかし、他人の感想文をまねても、いい読書感想文は書けない。
ありきたりの感想を書いても教師や選者の目には止まらない。

大事なのは「自分らしさ」である。

◆自分にも似た体験がある
◆自分も同じような気持ちになったことがある
◆もし、自分が登場人物だったら
◆この本を読んだ体験を生かして、こんな生き方をしてみたい。

というように書けば書くほどパタ―ン化されて、つまらなくなるかもしれない。

共感や反発や疑問・決意など・・・である。

|

« 何を今さら! 高齢者行方不明 | Main | 自分の「普通」は、他者にも「普通」か? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 読書感想文の書き方:

« 何を今さら! 高齢者行方不明 | Main | 自分の「普通」は、他者にも「普通」か? »