« September 2010 | Main | November 2010 »

October 31, 2010

指導にはステップがある

 市の教育研究集会があり、国語と英語の部会発表を聞いた。
 分かる人には誰の実践発表のことか分かってしまうのだが、どうかそれは気にしないでほしい。
 国語部はスピーチ実践(小2)を発表した。
 そもそもの動機は、朝のスピーチがうまく進まないこと。
 いくつかの実践を積み上げてスピーチが上達していく様子の報告だが

◆スピーチが苦手な子の原因分析が甘いので、指導の手立てが後手に回っている

という印象があった。
 実践1・・・スピーチメモを見ながらの発表
 実践2・・・スピーチ原稿を書かせてからの発表
と、明らかに順序が逆だった。

 ①事前に書いた原稿を読み上げるスピーチ
 ②メモ書きを見てスピーチ
 ③メモなしでスピーチ
が、ごく普通のステップだ。

 また、アドリブ発言より事前練習を積んだ発表の方が指導がしやすい。
 朝のスピーチも、その場で思いだして言わせるのでなく、まずは、きちんと準備し練習して臨むことを重視するべきだろう。

 ①練習してスピーチに臨む
 ②即興でスピーチに臨む
が、ごく普通のステップだ。

 このような指導のステップの意識がないと、指導がいきあたりばったりになる。
 せっかくのいい授業ネタがあっても、効果も半減する。

 この後、英語教育部会の中学校実践発表が、「教科書の音読指導」だった。
 答えがあっているかどうか自身がない生徒には、まず何より自信をもって大きな声を出させたいという願いから「教科書の音読」に的を絞ったようだ。
 聴覚入力の音読指導の効果は分かっている。
 しかし、だからといって、英語の授業が教科書の音読で終わるわけではない。

 ①教科書の音読
 ②自分の意見を英語で言う
 ③英語による会話練習

につなげないと意味がないだろう。
 教科書音読の実践発表だけで研究が完結してしまっては、もったいない。

 再び国語に話を戻す。

 もし、子どもたちが「自分の意見を言う」という点でスピーチに苦手意識がないなら、当然だが「音読練習」を入れればいいし、音読→暗唱に取り組めばいい。
 だから、朝の会のスピーチもステップを考えるなら次のようになる。

 ①音読発表
 ②暗唱発表
 ③事前に書いた原稿を読み上げるスピーチ
 ④メモ書きを見てスピーチ
 ⑤メモなしでスピーチ

 そのような「ステップ」の意識が必要だ。
 優れた教育活動は、教師にも子どもにも「上達論」がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 28, 2010

「隠徳」について

 あるところで「陰徳」という言葉を聞きました。

 さりげなく・人知れず「善行」を積む。見返りを求めることなく「陰徳を積む」。

 うーん、難しい。
 自分は人間ができていないからでしょう。
 自分が気づいて何気なくした行為を決してひけらかすつもりはありません。
 でも、「褒められればうれしい」し「評価されればうれしい」という邪念がなかなか捨てられません。
 
 たとえば運動会前の最終準備。
 打ち合わせが終わった後、校舎周辺・来賓駐車場や来校者の導線を考えて1人で掃除をしました。最後は2Fの職員室から運動場に降りる階段の砂埃を取りました。
 
 誰にも見られずに淡々と行った作業ですが「見られること」を拒んでいるわけではありません。
 やっぱり心の片隅には「認められればうれしい」という邪念があったことは否定できません。
 そもそも、「自分は陰徳を積んでいる」って思うことも「邪念」の一部に思えてしまいます。
 陰徳を積んでいる自分に自己陶酔してしまったら、本末転倒です。
 
 「自分は人間の出来が悪いから、邪念を捨てられないのは仕方ない」

と開き直った時、ふと思いました。

 「今、校内の掃除をしているのはダイエットのためである。」

 自分自身のダイエットのためにやっているのだと思えば、人に見られようが見られまいが一切気にならなくなりました。
 いい格好しい、でやっているのではない。
 「自分のために」やっている。
 「自分のダイエット」のためにやっている。

  自分にとっては、それが精神衛生上、一番都合のいい結論でした。

 ミスチルの歌に「彩(いろどり)」があります。
 これも、1つの「陰徳」の発想です。
 ミスチルは

「誰が褒めるでもないけど
小さなプライドをこの胸に
勲章みたいにつけて

僕のした単純作業が
この世界を回り回って
まだ出会ったこともない人の
笑い声をつくっていく」

・・・「そんな些細な生きがいが日常に彩りを加える」
と歌い切ります。

 人の役に立つことが「小さなプライド」「些細な生きがい」・・・僕は、これも「潔い決断」だと思います。

| | Comments (22) | TrackBack (0)

October 24, 2010

「殺人」の話題は不適切

「殺人」を話題にしたクイズやテストを提示した学校のニュースが続いた。

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/sankei-snk20101024082/1.htm

=====================
正解は「妹を殺す」 小学校で不適切授業 杉並

2010年10月24日(日)8時0分配信 産経新聞 

 東京都杉並区は23日、区立浜田山小学校で女性教諭(23)が3年生の算数の授業中、児童に「妹を殺せば会える」という答えが正解となる不適切なクイズを出題していたと発表した。21日に同校に届いた匿名の投書で発覚した。

 区教委によると、教諭はクラス担任で、19日の算数の授業中、21人の児童に「3人姉妹の長女が自殺して、葬式が行われた。葬儀に参列した男子を次女と三女が好きになってしまいました。葬式後、次女がこの男子に会うにはどうしたらいいですか?」と出題。「お葬式だよ」とヒントを出すと、児童の1人が「次女が妹を殺しちゃえばまた(葬式で)会える」と答え、「正解です」とした。

 区教委によると、教諭は「前週に行ったクイズが好評で、児童にせがまれ、大学時代に聞いたクイズを思いだして話してしまった」と説明しているという。

 ■愛知の高校では「校長暗殺」出題

 一方、愛知県東海市の県立東海商業高校では、19日に行われた総合ビジネス科の中間試験で、校長を暗殺した犯人を同校に在籍する7人の教諭から選ばせる内容の問題が出されていた。

 同校によると、問題は商業が専門の男性教諭(24)が作成。職員室で殺された校長が「41124」と横書きで残した血文字を手掛かりにして、7人の中から犯人を選ぶというもので、41124を上下逆さまにすると「カていカ」とも読めるため、「家庭科の教諭」を正解としていた。

 試験科目は3年生の2クラス、計77人が受験。ビジネスマナーや株価チャートの問題があり、最後に校長暗殺の問題があった。ほかの教諭が試験問題を事前にチェックしたが、問題視されなかった。学校側は「柔軟な思考を育て、人間力を付けることが狙いだった」と説明。この問題は採点対象から外された。
=================

 子どもも大人も「殺人事件」は、好きである。
 金田一少年も名探偵コナンも、次々に殺人が起きる。平然とクラスメートまで殺される。
 毎晩のように、そして土日はお昼からサスペンス劇場において殺人が扱われている。
 殺人犯のトリックを暴く過程は、論理的な思考を駆使した知的な楽しみがある。
 殺人事件を扱った推理小説やドラマは、不謹慎ではあるがエンターテイメントなのである。
 また勧善懲悪のストーリーでは、悪役が人を殺し、ラストで主役が悪役を殺すことが公認されている。
 人を殺すような悪役は殺されていいというストーリーも、またエンターテイメントとしては許容されているのだ。

 しかし、いくら人気があっても、それは、いわば「裏文化」の世界だ。
 授業のような表の舞台で堂々と提示するのは、ご法度である。
 推理小説を放課にお勧めすることはあっても、授業中に具体的な殺人場面を紹介するのは問題だ。
 個人的に太宰治の「人間失格」をお勧めすることはあっても、授業中に具体的な痴話話の場面を紹介するのは問題だ。

 若い先生にとっては、このような表と裏の意識が低かったのかもしれない。
 お笑いタレントのギャグだからと、人を侮辱したり下ネタを連発するのは、少なくとも「表」の教師がすることではない。
 たとえ放課後の雑談で大受けしたとしても、下劣なギャグを授業中に持ち込んではいけない。
 子どもが熱中する授業やテストをしたい、という熱意は分かるが、暴走と言わざるを得ない。
 生徒の公私混同をたしなめる立場に教師はある。
 教師自身も「公私(表裏)」の区別をしっかりしないといけない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 23, 2010

『人間失格』 太宰治

100605
 いいおじさんになって、若かりし頃に読むべき作品を読んでみる。
 昔読んだような読んでないようなあいまいな記憶。
 それだけ真剣に読んでいなかったのか、自分には合わなくて途中で挫折したのか、そんなところか。
 若かった自分が主人公の生き方に共感できなくて読むのを止めたのだとしても、全然かまわない。むしろ、若かった自分には、この主人公の生き方に反発してもらいたいと思う。これが名作だなんて思わなくて一向にかまわない。
 
 ◆新潮文庫の紹介
http://www.shinchosha.co.jp/book/100605/
 この主人公は自分だ、と思う人とそうでない人に、日本人は二分される。
 「恥の多い生涯を送って来ました」。そんな身もふたもない告白から男の手記は始まる。男は自分を偽り、ひとを欺き、取り返しようのない過ちを犯し、「失格」の判定を自らにくだす。でも、男が不在になると、彼を懐かしんで、ある女性は語るのだ。「とても素直で、よく気がきいて(中略)神様みたいないい子でした」と。ひとがひととして、ひとと生きる意味を問う、太宰治、捨て身の問題作。
 
とあるように、自分と重ね、共感する人が多いようだ。
 人は誰にも、罪があり、闇があり、秘密があり、「道化」がある。
 しかし、だからといって、中退・家出・心中・薬物中毒する主人公にまで「自分と同じだ」と感じる読者は少ないはずだ。そこまで自分を落とせる人は稀だ。
 だから、初めてこの小説を読む若者に伝えたい。
 この「自堕落」まであこがれる必要はないし、いくら性格的に共感できるからといって、このような生涯を送る必要はない。むろん自殺する必要はない。自分を「人間失格」などと蔑む必要もない。

 ◆集英社の内容紹介
http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-752001-3
自殺未遂、薬品中毒…。3枚の奇怪な写真とともに渡された睡眠薬中毒者の手記に、克明に描かれた陰惨な半生…。太宰治の自伝であり、遺書でもある作品。(解説・小林広一/鑑賞・太田治子)(集英社提供)

 さて、読みながら気になってしまったのは
「これを「太宰の自伝」として意識しないと、読み進められない」
という点だ。
 というのも、これだけの波乱の人生が「虚構」なら、あまりに突拍子過ぎて逆につまらないからだ。
 作品を作品として読まず、作者の「人となり」や「半生の歴史」を確かめたりしたくなる姿勢は問題なのかもしれない。
 しかし、一方で、作家や時代背景を無視するのも難しい。
 『人間失格』も『走れメロス』も、太宰治と切り離して独り歩きするタイプの小説ではないのかもしれない。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

October 16, 2010

「何だと思う?」と問いかける

参観したあるクラス。
「子どもたちの使う言葉ががきついね」と言ったら、担任も肯定していた。
でも「○○とか△△という言い方はやめましょう」では、あまりに思慮がない。

次のように話すようアドバイスした。

「昨日、竹田先生が授業を見に来ましたね。
mんなの授業を見て、『ちくちく言葉』が気になったなあ、と話していました。
どんな『ちくちく言葉』だと思う?」

・・・このように子どもたちの「振り返り」にゆだね、出てきたものを全部受け止める方法だ。

これは、よく中学校でも使ってきた。

学年集会での問いかけ。
「昨日の夜、地域の方から学校に苦情の電話がありました。
あなたたちの学年の様子だそうです。
何だと思う?」

別室に呼んでの個人への問いかけ。
「ちょっと問題があって呼んだんだけど、何のことだと思う?」

期せずして余罪が追及できる。
子どもたちの問題意識のレベル・自覚のレベルがよく分かる。

「○○やったって聞いたけど本当か」
「△△をやってる子が多いけど、よくないぞ」

と直接NGを出すより、効果がある。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 10, 2010

視覚と聴覚による情報の入力


・聴覚による情報の入力
・視覚による情報の入力
について、我々教師はどれほど意識しているだろうか。
 TOSSの学習の中で何度も出てくる話題である。
 それなりに 分かっていたことではあるが、ついおろそかになってしまう。

 自分は算数のT1を担当しているが、やはり、ふだんの授業において「聴覚入力・視覚入力」がいい加減であると認めざるを得ない。

 例えば、教科書を読ませる視覚入力の場面がある。
 読む部分が難しければ「範読」を入れるぐらいは当然だが、

◆本当に全員が読んでいるのか?
◆全員に読ませる手立てを講じたか?

と思って振り返ってみると、甘い。
 一斉に全員に本読みさせるだけでは漏れがある。

◇読んでいない子が明確になるように男女別や列ごとに読ませる

などして集団を小さくすることが授業のアクセントにもなる。
 そして、「読んでいない人はお見通しですよ」というメッセージを込めて

◇時折、個人指名して読ませる

ぐらいの「詰め」が必要だ。
 

 もちろん授業は「読ませる」だけで成立するわけではない。
 「聞かせる」「書かせる」「話させる」などの場面においても、

◆本当に全員がやっているが
◆全員にやえあせる手立てを講じているか

をきちんと考えないといけない。
 
 「読む」という視覚入力に対して、補うべき聴覚入力の手立ては

◆教師の範読や一斉音読で「読み」を入力する

ぐらいしか思いつかないが・・・。

 「聞かせる」という聴覚入力の場面についても、

◆本当に全員が聞いているのか?
◆全員に聞かせる手立てを講じたか?

と思って振り返ってみる。
 確かに、一斉に全員に聞かせるだけでは漏れが生じる。
 筆頭の指示は「復唱」。
 
 復唱も、言っていない子が明確になるように

◆男女別・列ごとなど集団を小さくしたり、個人指名して復唱させる

ぐらいの「詰め」が必要だ。

◆教科書の説明をしている時なら「指さし確認」と「お隣との確認」が可能。

 これは、「聞かせる」という聴覚入力に対して、補うべき視覚入力の手立てということになる。

  いかに、自分のふだんの授業がイージーかを反省する毎日である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 09, 2010

「中国側刺激の恐れ」は弱腰報道では?

共同通信のニュース

http://www.kyodonews.jp/feature/senkaku/

民主・原口氏ら尖閣を上空視察 中国側刺激の恐れ

 民主党の原口一博前総務相ら超党派の「国家主権と国益を守るために行動する議員連盟」のメンバー4人は9日、民間のチャーター機で尖閣諸島(沖縄県石垣市)を視察した。視察後、石垣島に戻った原口氏は記者団に「(尖閣諸島は)わが国の領土だということを実感した。この地域の重要さも痛感した」と述べた。

 今回の視察は、中国漁船衝突事件を受け周辺海域の実態を確認すると同時に「尖閣諸島をめぐる領土問題は存在しない」との立場をアピールする狙い。9月まで菅政権の閣僚だった原口氏による視察は中国側を刺激し、改善の兆しを見せる日中関係に影響を及ぼす恐れもある。

 視察メンバーはほかに、民主党の藤田幸久参院議員、自民党の河井克行、みんなの党の柿沢未途両衆院議員。一行は石垣島の空港を9日午前に出発し、尖閣諸島一帯を上空から視察した。石垣島に戻った後、海上保安庁の担当者から周辺の状況について説明を受ける予定。
 (2010年10月 9日)


  これまでの政府の対応については「腰ぬけ・弱腰・無策」という批判もあるのに、「上空視察」だけで「中国側刺激の恐れ」と見出しをつけるマスコミもどうかと思う。
 いかにマスコミも千差万別であるかがよくわかる。
 結局、誰が何をしても「批判の対象」になる。
 そして、何もしなければ、これまた「批判の対象」になる。
 マスコミ報道を気にしていたら何もできなくなるということだ。

 
今回の視察のメリット:
1)尖閣諸島は自国の領土であり、日本は視察するのは当然の行為なのだというアピール。
  国家議員が乗り込むという行動の意味は大きい。

2)与党・野党でもめている場合ではない。
  国会では議論もしたが、国家の問題なのだからと超党派で結束した意義は大きい。
  小澤派だからと降格した原口議員には、ぜひ「超党派」らしい活動を続けてほしい。

3)中国の実効支配を牽制する働き。
  南沙諸島のように、中国が勝手に上陸して基地や飛行場を造られたら大変である。
  周辺海域の様子も空から撮影できる。今後もきちんと証拠を残してほしい。

 デメリットとして、だフジタ社員が残っている。解放されるまでは刺激しない方がいい思ったら、どうやら解放されたそうだ。めでたし、めでたし。

 今回の事件について、次のようにまとめてある。
 何が問題か・どこに落ち度があるか、どこから攻めるかの区別が大事だ。

中国漁船衝突事件 沖縄県・尖閣諸島近くの日本領海内で7日、中国漁船が海上保安庁の巡視船と接触、その後、別の巡視船と衝突して逃走した。海上保安庁は公務執行妨害の疑いで漁船の中国人船長を逮捕。中国側は丹羽宇一郎(にわ・ういちろう)駐中国大使を休日の未明に呼び出すなど繰り返し船長の即時釈放を要求、対抗措置として日中間の閣僚級以上の交流停止などを表明。レアアース(希土類)の中国から日本への輸出手続きが滞るなど影響が拡大した。那覇地検は25日未明に船長を処分保留で釈放、船長は帰国した。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 06, 2010

記録の数字に要注意!

 阪神のマートン選手、日本記録となる213安打おめでとうございます。
 
 イチロー越えの日本新は16年ぶりのことだったそうで、何といってもイチローの活躍は16年も前から始まっていたのだと別の意味で驚きだった。息の長いイチローの活躍に改めて敬意を評したい。
 それにしてもマートン自身が謙遜して発言していたように、イチローは130試合制の記録。
 マートンは144試合。それだけの試合数の違いがあれば、10本20本の差はありえるだろう。
 同じシーズン合計の安打記録として並べていいものかどうか・・。
 
 ただし、それはそうなのだが、それを言っちゃうと様々な記録も同じように批判にさらされてしまう。
 ホームランの記録の場合は、球場が大きくなった今の方が出にくくなっているのかもしれない。
 かもしれない、と書いたのバットやボールやトレーニング方法などが投手より打者に有利な時代になっているかもしれないからだ。
 
 相撲の連勝記録だって1人横綱の白鳳は、そりゃあ有利だろう。
 千代の富士の連勝記録を止めたのは横綱大乃国の「意地」だったから。

 陸上や水泳は、年々記録が出やすくなっている。
 マラソンも「心臓破りの丘」よりも、記録の出やすい高速コースマラソンが好まれる。
 マラソンが「世界新記録」と言わず、「世界最高記録」と呼ぶのもコースが違うから比べられないという意味だ。

 プロ野球では、日米通算○○安打というような記録は、公式には日本の野球会でもメジャーリーグでも通用しないはずだ。 そんなので記録を抜かれた当事者は嫌だと思うよ。

 だからといって、すべての新記録を否定するつもりはない。
 ただ、古い記録を評価するにせよ、新しい記録を評価するにしろ、数字だけでは判断できない背景を考慮する慎重さは持っていたいなあと思う。
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 03, 2010

『妊娠小説』 (ちくま文庫) 斎藤 美奈子

51hagdkathl_2
 『妊娠小説』 (ちくま文庫) 斎藤 美奈子
 『舞姫』から『風の歌を聴け』まで、望まれない妊娠を扱った一大小説ジャンルが存在している――意表をついた指摘の処女評論。
・・・意表をついたネーミングと分析で、一大センセーションを巻き起こした処女評論。待望の文庫化。ともある。
 94年の作品。そのような一大センセーションを巻き起こしたことも知らなかった自分は「うかつ」だった。
もっと早く読んでおきたかったと思うほど面白いし、勉強になった。
 面白かったというのは、
◆「妊娠」というキーワードで小説を括る着想。
◆ 「妊娠」という表現は主として「望まない」場合に用いるというような独自の定義。
◆ 時折崩してみせる筆者の文体。

 勉強になったのは、小説の構造分析や小説の分類。
 
http://take-t.cocolog-nifty.com/kasugai/2008/02/post_ce91.html
にも書いた。
 《知性の働き》は、ひとことでいえば〈区別する〉ことです。まず「分ける」のです。
 次に分けたものを「集める」、分けたものを「較べる」、分けたものを「合わせる」などします。
 別の言葉でいえば、「分析」「集合」「比較」「対応」などをするということです。
 知性は分析・集合・比較・対応など論理数学的な法則性によって、どんどんと展開します。
・《知性の性質》は、ひとことでいえば〈自発性〉なのです。知性が働くところには自発的な発展が見られるわけです。

・・・斉藤氏は、独自の着想で=つまり自発性に基づいて小説を集め、比べる、分類している。この過程が実に知性的である。
 構造分析もデータとなる小説の数が少なくては信ぴょう性に欠ける。
 多くの小説の共通部分を見出して抽出したり類型化するから、読み手を納得させる。
 自分も教科書教材について構造分析をするつもりなら、浴びるほどの物語や小説を読む必要があるぞ、という戒めをもらえた。
 まずは「浴びるほどの情報の入力・蓄積」である。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« September 2010 | Main | November 2010 »