« 「隠徳」について | Main | 『言葉にして伝える技術――ソムリエの表現力』 »

October 31, 2010

指導にはステップがある

 市の教育研究集会があり、国語と英語の部会発表を聞いた。
 分かる人には誰の実践発表のことか分かってしまうのだが、どうかそれは気にしないでほしい。
 国語部はスピーチ実践(小2)を発表した。
 そもそもの動機は、朝のスピーチがうまく進まないこと。
 いくつかの実践を積み上げてスピーチが上達していく様子の報告だが

◆スピーチが苦手な子の原因分析が甘いので、指導の手立てが後手に回っている

という印象があった。
 実践1・・・スピーチメモを見ながらの発表
 実践2・・・スピーチ原稿を書かせてからの発表
と、明らかに順序が逆だった。

 ①事前に書いた原稿を読み上げるスピーチ
 ②メモ書きを見てスピーチ
 ③メモなしでスピーチ
が、ごく普通のステップだ。

 また、アドリブ発言より事前練習を積んだ発表の方が指導がしやすい。
 朝のスピーチも、その場で思いだして言わせるのでなく、まずは、きちんと準備し練習して臨むことを重視するべきだろう。

 ①練習してスピーチに臨む
 ②即興でスピーチに臨む
が、ごく普通のステップだ。

 このような指導のステップの意識がないと、指導がいきあたりばったりになる。
 せっかくのいい授業ネタがあっても、効果も半減する。

 この後、英語教育部会の中学校実践発表が、「教科書の音読指導」だった。
 答えがあっているかどうか自身がない生徒には、まず何より自信をもって大きな声を出させたいという願いから「教科書の音読」に的を絞ったようだ。
 聴覚入力の音読指導の効果は分かっている。
 しかし、だからといって、英語の授業が教科書の音読で終わるわけではない。

 ①教科書の音読
 ②自分の意見を英語で言う
 ③英語による会話練習

につなげないと意味がないだろう。
 教科書音読の実践発表だけで研究が完結してしまっては、もったいない。

 再び国語に話を戻す。

 もし、子どもたちが「自分の意見を言う」という点でスピーチに苦手意識がないなら、当然だが「音読練習」を入れればいいし、音読→暗唱に取り組めばいい。
 だから、朝の会のスピーチもステップを考えるなら次のようになる。

 ①音読発表
 ②暗唱発表
 ③事前に書いた原稿を読み上げるスピーチ
 ④メモ書きを見てスピーチ
 ⑤メモなしでスピーチ

 そのような「ステップ」の意識が必要だ。
 優れた教育活動は、教師にも子どもにも「上達論」がある。

|

« 「隠徳」について | Main | 『言葉にして伝える技術――ソムリエの表現力』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 指導にはステップがある:

« 「隠徳」について | Main | 『言葉にして伝える技術――ソムリエの表現力』 »