« 人間中心思想と自然中心思想 | Main | 絵本はソーシャルスキルを育む »

January 03, 2011

「交通戦争」と「自殺天国」などと呼びたくない

 年末に運転免許の更新で講習を受けた・・・ということは違反があったということです。
 その時、このままいけば、愛知県の連続ワースト1の記録は脱却できる。交通事故死も200人を下回りそうだとの話だった。
 そして、無事、そのような結果になった。

愛知、交通事故死の全国ワースト脱却 高齢者の件数大幅減                      2011年1月1日 11時57分

 愛知県内の2010年の交通事故死者数は197人(暫定)で、前年比30人減となり05年から続いていた全国ワーストを脱却した。09年と比較した死亡事故の減少率は全国1位の13・2%。特に高齢者の死亡事故が大幅に減少した。
 交通事故死者数が200人を下回ったのは、1945(昭和20)年以降では50年に169人を記録して以来。最多だった69年の912人の2割程度にまで減少した。
 県警は10年、全交通事故死者に占める高齢者の割合が4割を超えたため高齢者対策を重点的に実施した。7~10月に4万3711世帯の高齢者宅を警察官らが訪問。高齢運転者を対象にした「脳トレ教材」を作成して各署で講座を開き、高齢者の死者数を昨年より17人少ない90人にとどめた。
 このほか、死亡事故が多発している交差点で指導取り締まりを強化。歩行者が横断する時に車の通行を止める「歩車分離式信号機」を積極的に導入した。
 県警交通総務課の担当者は「高齢者の事故死者数が減っているとはいえ、依然高い比率を占めている。細やかな対策を講じていきたい」と話している。
 都道府県別の事故死者数のワーストは、東京と北海道が並び215人。
(中日新聞)

 いろんな数値が気になる。
 交通事故死者数が200人を下回ったのは、1950年以来というのもすごいが、最多だった1969年は912人だったというのもすごい。それにしても4年連続ワースト1、常に上位にランクしていた愛知県というのも悲しい事実だ。
 朝日新聞のネット記事によると、全国の死者は、警察庁によると、4863人で前年より51人減った。死者数は10年連続の減少、2年連続の5千人割れだが、減少率は1%でこの10年で最も少なく、減少傾向は止まりつつある。とのことだ。
 
 全国で4863人。 
 
 この数値が多いかどうかを図る1つの基準がある。
 ウイキペデイアに「交通戦争」の項目。

交通戦争(こうつうせんそう)とは、昭和30年代(1955年 - 1964年)以降交通事故死者数の水準が、日清戦争での日本の戦死者(2年間で1万7,282人)を上回る勢いで増加したことから、この状況は一種の「戦争状態」であるとして付けられた名称である。日本における交通事故での死者数は1970年にピークに達するがこの後減少。しかし、1980年よりふたたび増加に転じ1988年に1万人を超え、第二次交通戦争ともいわれる状況となった。

・・・1万人を越えた時期があることをを考えると、交通事故死者の数はうんと減った。
 油断は禁物だが、とても喜ばしいことだ。

 さて、一方で、自殺対策支援センターが発表しているように、自殺者の増加は楽観できない状況が続いている。
http://www.lifelink.or.jp/hp/realities.html

【年間自殺者3万人超 10年連続】
日本の自殺者数は、毎年3万人を超えています。98年に、年間自殺者数が急増(前年より8000人増加)して以来、高止まりを続けている状況です。
未遂者は既遂者の10倍はいると言われていますから、毎年30万人(一日1000人)もの人たちが自殺を図っている計算になります。

【交通事故死者数の5倍以上】
2007年の交通事故死者数はおよそ5800人。自殺者数はその5倍以上にのぼります。
「交通戦争」といわれた1960年代から70年代とくらべても、はるかに多くの人たちが自殺で亡くなっているわけです。

【自殺率 米国の2倍、英国の3倍】
日本の自殺率(人口10万人当たりの自殺者数)は米国の2倍、英国の3倍で、先進国のなかでは群を抜いて高い状態にあります。
私たちの社会が、自殺の問題をタブー視し続けてきたために、対策が著しく立ち遅れてきたことの結果と言わざるを得ません。

 交通事故が激減し「交通戦争」の汚名を返上しても、「自殺天国」などといった悪名が残っている。
 年間自殺者3万人。この数値の異常さにきちんと向き合っていきたい。

|

« 人間中心思想と自然中心思想 | Main | 絵本はソーシャルスキルを育む »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「交通戦争」と「自殺天国」などと呼びたくない:

« 人間中心思想と自然中心思想 | Main | 絵本はソーシャルスキルを育む »