« 自然エネルギー構想~環境省・孫正義・福島県~ | Main | 「原発議論が民主主義深める」 »

April 29, 2011

孫正義氏の「正義」に感心しました。

 資材10億を投じて自然エネルギー財団を設立した孫正義氏のインタビュー記事。

「生まれてきた使命を果たす」ソフトバンク・孫正義氏"自然エネルギー財団"設立

という見出しもすごいが、中身も濃い。

 孫氏は感情的に「反原発・脱原発」を訴えているわけではない。

http://news.livedoor.com/article/detail/5514784/

より、番号をつけて引用紹介する。

①ちょうど1年ほど前、運転開始から40年を迎える福島第一原発1号機について、さらに20年間安全に運用できると東電が判断、国に受理された。この事実をどれだけの日本人が知っていたのか、どんな検査が行われたのか。その時に運転を止めていれば、今回の事故は起こらなかった。

②40年中性子を浴び続けると圧力容器はもろくなる。世界平均では22年の使用で廃炉にしている。40年以上使い続けるということがどれだけ危険か、認識する必要がある。

③今すぐ全ての原発を止めろというのではない。稼動開始後、30年が経過している原発の再点検、再評価を厳密にする必要がある。法令でも稼動30年を経過する原発は運転年数が長期間経過していることから、再評価を行うことが義務付けられている。

④今後は稼動40年で原子炉を廃炉していくとして、原発の新規建設も凍結するとなれば、当然、電力は足りなくなる。その代替エネルギー案を考えなければ、建設的な議論はできない。

・・・・耐久年数を考えて段階的に廃炉にしても、冷却期間はずいぶんかかるし増え続ける使用済み燃料の処理も大変である。使用済み燃料を再利用する「プルサーマル」も中断したままだから、使用済み燃料の行き先がないのだ。


Q:孫さんの正義感とはどういった言葉の定義?

ソフトバンクの長期的な理念は「情報革命で人々を幸せに」それに向けて情報革命を一直線にやってきた。
今、日本の人が一番不幸せだとおもっているのが原発問題ではないか。究極の選択として、「情報革命」「人々の幸せ」どちらを追い求めるかを選べと言われたら、平時であれば両方追い求める。
国難の時に、情報革命だけ追っていればいいのか。
それで生まれてきた使命を果たせるのか、正義はあるのか。毎日悩んでいる。お前に政府は動かせるのか、力を過信しているのではと言われる。
だけど、できるかできんかわからんけど、やらないかんことがある。

・・・・「この惨状を黙って見ている訳にはいかない」という孫氏の態度。

 「義を見てせざるは勇なきなり」という言葉がぴったりだ!

|

« 自然エネルギー構想~環境省・孫正義・福島県~ | Main | 「原発議論が民主主義深める」 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 孫正義氏の「正義」に感心しました。:

« 自然エネルギー構想~環境省・孫正義・福島県~ | Main | 「原発議論が民主主義深める」 »