« 超臨界CO2タービン | Main | 子どもの実態に合わせて、授業を組み立てる »

June 30, 2011

よく似た名前を子どもは喜ぶ?

 道徳の資料中に、「ポン太とカン太」という狸が出てくるものがある。
 よく似た名前の登場人物は紛らわしいなあと思っていたら

◆「子供って、こういう名前好きなんだよね」◆

という話になった。

 そうだったのか!

 6年の東書の国語にアネハヅルの「クルルとカララ」が出てきて紛らわしいなあと思っていたが、子どもには混乱は少ないのか。

 「解決ゾロリ」のキャラで「イシシとノシシ」が出てくるが、子どもは容易に区別する。
 キャラが全く違う「ガチャピンとムック」「モリゾーとキッコロ」でさえ、自分はどっちがどっちだったかが怪しかったのだから昔からそういうのが苦手だったともいえるのだが、年を重ねてますます厳しくなってきたように思う。
 
 むろん、名前を「文字」としてだけ入力するから記憶が困難なのであって、エピソードとして入力したり、画像として入力すれば覚えやすいのだと言うことは分かっている。
 老化防止のためにも、人物やキャラの名前の記憶にがんばってみようと思う。

|

« 超臨界CO2タービン | Main | 子どもの実態に合わせて、授業を組み立てる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/52081181

Listed below are links to weblogs that reference よく似た名前を子どもは喜ぶ?:

« 超臨界CO2タービン | Main | 子どもの実態に合わせて、授業を組み立てる »