« 3S活動 ~整理・整頓・清掃~ | Main | ダブルスタンダードで考えると論争が整理できる »

November 18, 2011

ダブルスタンダードは教育的配慮である

 ダブルスタンダード=二重基準は、不公平な対応だと思っていた.
 だが、いろんな先生の話を聞くうちに、そうとも限らないと感じるようになってきた。

◆厳しく言っても通用する人には厳しく
◆厳しく言ったら逆効果の人にはやさしく

の方が望ましいと考えれば、相手かまわず厳しくすることも、相手かまわず優しくすることも逆効果だ。
その方が「思慮分別のない人間」ということになる。

言い方を変えれば
◆期待している人には厳しく
◆期待していない人には甘く
ということにもなる。

 「できる人には厳しく、そうでない人にはそれなりに」の配慮は差別でもひいきでもない。
 これは正当な個別対応だ。
 
「子どもが荒れるのは教師の授業技量が低いからだ」と厳しく言い放つことがある。
 一方で、実際に荒れてしまい疲労困憊している人には「自分を責めなくていい」とメッセージを送ることも大切だ。
 これも正当なダブルスタンダードの対応だ。

 かつてこのブログでも2006年、中日新聞7月18日付の朝刊「ひろさちやのほどほど人生論」の「正しいことを言うな」という言葉を引用したことがある。
======================
怠けている人間、遅刻した人、それぞれに事情があり、理由があるはずです。
その事情・理由を斟酌(しんしゃく)することなく正しいことを言う人は、じつは、ー正義という名の魔類ーになっているのです。
仏教では、その正義という名の魔類をー阿修羅ー
と呼びます。阿修羅というのは、本来は正義の神であったのですが、自分だけが正義だと思って、他人に対する思いやりがないために、神界から追放されて魔類になった存在です。(後略)
======================
教師は「よかれ」と思って平気で子どもを傷つけることがある。
悪意がない分だけ、たちが悪い。正義感を振りかざす鈍感な教師はまさに阿修羅である。
何も言わずにじっと相手の聞いて上げる行為が「慈悲」なのだとも書いてある。
今はきちんと問詰める場面か、深く追いつめるべきでない場面か、その程度の思慮分別は持ち合わせたい。

|

« 3S活動 ~整理・整頓・清掃~ | Main | ダブルスタンダードで考えると論争が整理できる »

Comments

I don't even understand how I ended up here, but I believed this submit was once good. I do not realize who you might be however certainly you're going to a well-known blogger in the event you aren't already. Cheers!

Posted by: Nashvilleseo.org | February 07, 2014 at 04:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/53275243

Listed below are links to weblogs that reference ダブルスタンダードは教育的配慮である:

« 3S活動 ~整理・整頓・清掃~ | Main | ダブルスタンダードで考えると論争が整理できる »