« 「いじめの問題への取組の徹底について(通知)」を読む | Main | 向山恵理子「新夢をつかむ法則」(学芸みらい社) »

July 31, 2012

「いじめの早期発見・早期対応について」

平成18年10月19日に文科省から出された「いじめの問題への取組の徹底について(通知)」18文科初第711号。
文部科学省初等中等教育局長である銭谷眞美からの通達文書である。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/seitoshidou/06102402/001.htm

「いじめの早期発見・早期対応について」

以下の5項目が提示されている。

(1)
 いじめは、「どの学校でも、どの子にも起こり得る」問題であることを十分認識すること。
 日頃から、児童生徒等が発する危険信号を見逃さないようにして、いじめの早期発見に努めること。
 スクールカウンセラーの活用などにより、学校等における相談機能を充実し、児童生徒の悩みを積極的に受け止めることができるような体制を整備すること。

・・・当たり前だが大事なポイントである。3点ある

①「児童生徒等が発する危険信号を見逃さない」
②「スクールカウンセラーの活用」
③「児童生徒の悩みを積極的に受け止めるような体制」

担任には言いにくいこともあるからSCを活用せよということだ。
③の悩みを受け止めるのに必要なのは「場所と時間と人材」。
この3点の確保まで具体化しないと絵に描いた餅になる。

(2)
 いじめが生じた際には、学級担任等の特定の教員が抱え込むことなく、学校全体で組織的に対応することが重要であること。
 学校内においては、校長のリーダーシップの下、教職員間の緊密な情報交換や共通理解を図り、一致協力して対応する体制で臨むこと。

・・・いじめが起きた時に、「担任の指導が悪い」と責めても意味がないことを学校全体で共通理解しておきたい。

(3)
 事実関係の究明に当たっては、当事者だけでなく、保護者や友人関係等からの情報収集等を通じ、事実関係の把握を正確かつ迅速に行う必要があること。
 なお、把握した児童生徒等の個人情報については、その取扱いに十分留意すること。

・・・①「保護者や友人からの情報収集」だから友人だけのアンケートでは手落ちがある。、
  ②正確かつ迅速な「事実関係の把握」だから、大津の場合は、正確さと迅速さでアウト。
  ③「個人情報の取り扱い」も、不十分だと思う。まあ、「隠ぺい」の反動で躍起になって「暴露」されたとも言える。
  

(4)
 いじめの問題については、学校のみで解決することに固執してはならないこと。
学校においていじめを把握した場合には、速やかに保護者及び教育委員会に報告し、適切な連携を図ること。
保護者等からの訴えを受けた場合には、まず謙虚に耳を傾け、その上で、関係者全員で取組む姿勢が重要であること。

・・・教育委員会に報告したからといって「適切な連携」にならないことが、今回明らかになった。
 保護者からの訴えに謙虚に耳を傾けなかったことも、今回明らかになった。
 平成18年の通達が生きていなかったことが、今回明らかになった。

(5)
 学校におけるいじめへの対処方針、指導計画等の情報については、日頃より、家庭や地域へ積極的に公表し、保護者や地域住民の理解を得るよう努めること。
 実際にいじめが生じた際には、個人情報の取扱いに留意しつつ、正確な情報提供を行うことにより、保護者や地域住民の信頼を確保することが重要であり、事実を隠蔽するような対応は許されないこと。

・・・いじめの対処方針や指導計画の公表まで実施している学校はどのくらいあるのだろう。
 「いじめアンケートを実施しています。教育相談しています」と学校HPで紹介する程度のことを意味するわけではないだろう。
 ところで「保護者や地域住民の理解を得る」ことは、地域からの情報提供という意味でもあってほしい。公園やコンビニやゲームセンターでの不穏な動きを地域の方にも見守ってほしい。

 「事実を隠蔽するような対応は許されないこと」は、その通り。
 ただ本当に今回の学校や教育委員会は「隠蔽」したのだろうか。
 「隠蔽の疑惑」はあるだろうが、個人情報の取扱いに苦慮し対応しきれなかったという側面もあると思う。


 「2 いじめを許さない学校づくりについて」

 以下の3点が挙げられている。
 どれも、もっともな指摘である。
 
(1)
 「いじめは人間として絶対に許されない」との意識を、学校教育全体を通じて、児童生徒一人一人に徹底すること。
特に、いじめる児童生徒に対しては、出席停止等の措置も含め、毅然とした指導が必要であること。
 また、いじめられている児童生徒については、学校が徹底して守り通すという姿勢を日頃から示すことが重要であること。

(2)
 いじめを許さない学校づくり、学級(ホームルーム)づくりを進める上では、児童生徒一人一人を大切にする教職員の意識や、日常的な態度が重要であること。
 特に、教職員の言動が児童生徒に大きな影響力を持つことを十分認識し、いやしくも、教職員自身が児童生徒を傷つけたり、他の児童生徒によるいじめを助長したりすることがないようにすること。

(3)
 いじめが解決したと見られる場合でも、教職員の気づかないところで陰湿ないじめが続いていることも少なくないことを認識し、そのときの指導により解決したと即断することなく、継続して十分な注意を払い、折に触れて必要な指導を行うこと。

|

« 「いじめの問題への取組の徹底について(通知)」を読む | Main | 向山恵理子「新夢をつかむ法則」(学芸みらい社) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「いじめの早期発見・早期対応について」:

« 「いじめの問題への取組の徹底について(通知)」を読む | Main | 向山恵理子「新夢をつかむ法則」(学芸みらい社) »