« 全国学力調査 6学年国語Aの【3】問題 | Main | 寝てゐても団扇の動く親心 »

May 14, 2013

全国学力調査 6学年国語Aの【4】問題

 「見れた」「見られた」の使用状況を示した世論調査の結果について答える問題。
 しかし、いきなり「見れた・見られた」の使用状況の表を提示されても、それが「ら抜き言葉」の例示だと分からない児童が多いと思う。
 世論調査の表と年代ごとの考察を元に、

「16さいから60さい以上までの『見られた』と『見れた』のわり合のちがいをまとめると・・・・」

に続けて、40字以上50字以内でまとめる問題がある。

 これは、要約の力が求められる。

 問題中に、次の表記がある。

(1)16さいから19さいまでのわり合では,「見れた」が「見られた」を大きく上回る。

(2) 20代,30代でのわり合においても,16さいから19さいまでのわり合と同じようであることが分かる。

(3) 50代でのわり合は,「見られた」と「見れた」の差が1ポイントで,ほぼ同じである。

(4) 60さい以上でのわり合を比べると,「見られた」が「見れた」を上回る。

 この4つの記載を50字以内にまとめろという設問だ。
 実際に模範解答を見ないで、解いてみた
 まず、4つの年代に分かれた4文を、分布割合で統合させる。

◆16さいから19さいまで・20代,30代でのわり合では,「見れた」が「見られた」を大きく上回る。
◆ 50代でのわり合は,「見られた」と「見れた」の差が1ポイントで,ほぼ同じである。
◆ 60さい以上でのわり合を比べると,「見られた」が「見れた」を上回る。

 次に、各年代を15文字程度に縮めてみる。
◆30代までは,「見れた」が「見られた」を大きく上回る。
◆50代ではほぼ同じである。
◆60さい以上では「見られた」が「見れた」を上回る。

 これでは、50文字超えるので、思い切って50代を切って一文にする。

◆30代までは「見れた」が「見られた」を大きく上回るが、60さい以上では「見られた」が「見れた」を上回る。

・・・これで50文字。ちょっと気になるので削ってみる。

◆30代までは「見れた」が多いが、60さい以上では「見られた」の方が多い。

・・・40字を下回ったので削りすぎで×。

◆30代までは「見れた」が「見られた」より多いが、60さい以上では「見れた」の方が多くなる。42文字
 
・・・こんなところか。

解答を削るのは勇気がいる。
とにかくこの問題を解くカギは大胆な要約力=大胆に削る決断力であると実感する。

さて、模範解答を見る。
 
 「やられた!」

◆年代が上がるにつれて,「見れた」を使うわり合よりも「見られた」を使うわり合が大きくなることが分かる。(五十字)。

・・・「年代が上がるにつれて」という言葉で分布結果をまとめるのは、算数や社会なら容易だが、国語の問題ということで、ためらってしまった。
 英断を下さないと「年代が上がるにつれて」といった文中にない言葉は使えない。

 さらには文末。

「~ことが分かる」とある。
 
 「全体から分かること」のまとめであるから、

「16さいから60さい以上までの『見られた』と『見れた』のわり合のちがいをまとめると・・・・ことが分かる」

というのが、全体構造になる。
 テストの答え方をきちんと指導しろと主張していながら、自分は文末を意識しはなかった。

 
 「年代が上がるにつれて」を使わず、「ことが分かる」でまとめなかった自分の解答は、どう採点されるだろうか。

|

« 全国学力調査 6学年国語Aの【3】問題 | Main | 寝てゐても団扇の動く親心 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/64491/57384993

Listed below are links to weblogs that reference 全国学力調査 6学年国語Aの【4】問題:

« 全国学力調査 6学年国語Aの【3】問題 | Main | 寝てゐても団扇の動く親心 »