« June 2013 | Main | August 2013 »

July 31, 2013

論理的思考=型思考

Higuti

 中学の二次方程式について、 数学の教科書には次のようにある。

(χ+3)(χー5)=0
では、X+3とXー5をかけて0になるのだから
少なくとも一方は0でなければならない。
したがって
χ+3=0 または χー5=0
χ+3=0 のとき、χ= ー3
χー5=0 のとき、χ= 5
よって、χ=-3、5

 「ああ、こういう論理の組み立ていいよなあ」と思う。
 義務教育で、論理的な思考(表現)が確実に教えられるのは、数学の時間なのである。

①もし○○ならば、△△になるはずである。したがって、□□は、▽▽である。

②○○なのだから、▽▽でなければならない。

③○○の条件を考えると、すくなくとも▽▽でなければならない。

といった、表現が自在に操れる子どもを育てたい。
 それは、国語や数学といった教科の範疇ではない。
 これは、全ての学問に通じる「型」の指導である。

 『ホンモノの思考力 口ぐせで鍛える論理の技術』樋口裕一(集英社新書)には、次の話し方を勧めている。

「君の質問は3つの誤解に基づいている。第一の誤解、それは~」
「そこには、問題点が2つある。歴史的にみると~」
「○○の面からすると賛成だが、▽▽の面からすると反対だ」
「そもそも~とは~」
「今問題にあっているのは~」
「なぜ、そのようなことが起こっているかというと~」
「確かに~、しかし~」
など。

 これを「型思考」と言う。
 樋口氏は次のように書いている。(便宜上の改行あり)
===============================
 どうやらフランスの人たちは、頭の中に自分の論ができあがってから、そのように口にいるわけではなさそうなのだ。
言い換えれば、ほとんど「くせ」として、「理由は三つある」「○○の面からすると賛成だが、▽▽の面からのすると反対だ」などと言っているにすぎないのだ。
そして、そう言ったあとで、必死になって三つの理由や○○の面や▽▽の面の根拠を考えているのだ。
つまり、「理由は三つある」「○○の面からすると賛成だが、▽▽の面からのすると反対だ」などの「型」があって、それにあてはめて話をしているにすぎないのだ。
 知識人たちも、このような「型」が頭に刷り込まれており、それを用いて思考しているのだろう。
おそらく、知識人の用いる論理パターンというものが存在し、その「型」のなかで思考しているのだ。
だから、無駄なく緻密に思考できるのだ。
言われてみれば、リヴィエールの論理展開もサルトルの論理展開も似たところがある。
そしてそれは、子どものころから数学の証明問題のように叩き込まれてきた論理形式なのだろう。
 おそらく、フランスの人々は学校でこのような口調を身につける訓練を受け、論理的に思考する「くせ」をつけているわけだ。(P24)

 もちろん、「型」を守りさえすれば論理的になるわけではない。
論理矛盾や飛躍が生じることはある。
だが、少なくとも、論理的に考えるための一つの要素を満たすことにはなる。
その意味で、「型」を守ることは、論理的に思考するためには、きわめて有効だと言えるだろう。(P25)

 そもそも、能力のあるものが個性を発揮するのは、ある程度「型」を押しつけられて、それに反発するときではないだろうか。
初めから自由にされたのでは、何も身につかない。
(中略)「型」を応用することで、論理的に思考でき、しかも個性を鍛えることができるのだ。(P27)

 戦後、日本の教育界では、「型」に当てはめることが、個性を壊すとして、何よりも嫌われてきた。
作文でも絵でも、どのように書くかは指導されず、「考えていることを自由に書きなさい」「ありのままに書けば、それでよい」とされてきた。
そうして、どのように書くかのろくにしないまま、読書感想文を書かせて、本嫌いや作文嫌いを大量に生産してきた。(中略)
 だが私の言う「型」とは、出発点としての、組み立ての基準になる「型」だ。それを目的とするわけではない。このような「型」は決して、個性的な思考の妨げにはならない。(P34)
======================

「ごんぎつね」の「ごん」は、次のような論理を展開する。

①兵十のおっ母は、床についていて、うなぎが食べたいと言ったにちがいない。
②それで兵十がはりきり網をもち出したんだ。
③ところが、わしがいたずらをして、うなぎをとって来てしまった。
④だから兵十は、おっ母にうなぎを食べさせることができなかった。
⑤5そのままおっ母は、死んじゃったにちがいない。
⑥ああ、うなぎが食べたい、うなぎが食べたいとおもいながら、死んだんだろう。
⑦ちょッ、あんないたずらをしなけりゃよかった。

・・・ごんは、前提①で推測をしている。
 しかし、兵十のおっ母が、うなぎが食べたいと言ったかどうかは分からない。
 前提①が確定できないのだから、あとは正しい論理展開になるはずがない。
 誤った①から導かれる⑥「ああ、うなぎが食べたい、うなぎが食べたいとおもいながら、死んだんだろう」は確証がない。

 そのような論理の誤りを見抜くことも含め、楽しい「型」の学習をさせられないかと思う。
 数学から学ばねばならないことが多い。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 29, 2013

「自治活動」と「自治的な活動」の違い

学校で定期購読している「道徳と特別活動」(文渓堂)の8月号をパラパラと見ていて、勉強になった。

特集①「自治的な活動」であればよいという勘違い 

の総論を佐藤吉郎氏が書いている。

 小学校学習指導要領において、「自発的・自治的な活動」という文言が示されているのは、次の1か所のみだそうだ。

第六章特別活動 第3 指導計画の作成と内容の取扱い2(1)
〔学級活動〕〔児童会活動〕及び〔クラブ活動〕の指導については、指導内容の特質に応じて、教師の適切な指導の下に、児童の自発的、自治的な活動が効果的に展開されるようにする

・・・「自治活動」ではなく、「自治的な活動」である。
だから「教師の適切な指導」が必要なのだという。

◆「自発的・自治的な活動」の指導に際し、間々見られるものに、「教師の適切な指導」の欠如が挙げられる。「特別活動」における「自発的・自治的な活動」とは、あくまでも「自治的な活動」であって、「「自治活動」ではなく、常に教師の適切な指導を必要としているのである。

 なるほど! 
 この表現の違いを気にしたことがなかった。

「自発的・自治的な活動」のルーツは、昭和26年学習指導要領一般編(試案)に次のように示されているそうだ。

 教育の一般目標のすべてを教科の学習だけでじゅうぶんに到達することは困難である。それゆえ、学校は教科の学習以外に、小学校においてはクラブ活動や児童会などの時間を設け(中略)児童・生徒に、個人的、社会的なさまざまな経験を豊かにする機会を提供する必要がある(後略)

 そして「自治的な活動範囲の明確化」に関しては、「次に示すような学校として児童に任せることができない条件を明確にして指導する必要がある」として、次のことが挙げられているそうだ。

○相手を傷付けるような結果が予想される問題
○教育課程の変更にかかわる問題
○校内のきまりや施設・設備の利用の変更などにかかわる問題
○金銭の徴収にかかわる問題
○健康・安全かかわる問題、など。

 現行の「小学校学習指導要領解説 特別活動編」においては、この5点に加え、「個人情報やプライバシーの問題」が示されているという。

 なるほど!
 この6点を具体化すると、たとえば、次のような活動は「児童に任せることができない」ということだ。

①特定の子どもの糾弾
②時間割の変更を伴う学級イベントの企画
③校則改正のような話し合い
④イベント企画に関連しての集金
⑤我慢大会とか耐寒マラソンなどの企画
⑥不登校の子を登校させるための話し合い

 イージーに子どもに話し合わせることの危険性を、ここまで具体的に考えたことはなかった。
 原本にはあたっていないのだが、指導要領はさすがだな、という思いを強くした。

| | Comments (12) | TrackBack (0)

July 25, 2013

選挙に行く子を育てているか

Photo_2


今回の参議院選挙も、相変わらずの低投票率だった。

低投票率は「誠に残念」 新藤総務相
2013.7.23 13:16
新藤義孝総務相は23日午前の記者会見で、参院選の投票率が52・61%と歴代3番目の低さだったことについて「インターネット選挙運動解禁という新たな取り組みがあった中で、誠に残念だ」と述べた。同時に「争点の有無などが影響した」と述べ、明確な争点がなかったことが国民の関心の低さにつながったとの認識を示した。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130723/plc13072313180015-n1.htm


今回の選挙の結果ではないが、20代の投票率は40%以下が続いている。
http://www.akaruisenkyo.or.jp/070various/071syugi/693/


さて、2001年2月3日 西尾市で行われた教育シンポジウム
当時文科省の寺脇研氏のお話があった。

◎いくら小選挙区制を覚えさせたって,選挙に行く子を育てなければ意味がない。
◎いくら歴史の年号を覚えさせたって過去の歴史から学ばない子では意味がない。

 若者の投票率の低さ・若者の選挙への関心の低さは、我々教師の指導の甘さであると猛省しなくてはならない。
 「近頃の若者は困ったもんだ」と他人事で批判する立場ではない。
 そのような若者を育てた責任を自分のこととして考えなくてはならない。

 学校では、どのような指導が必要になるのだろうか。
 しっかり考えてみたい。

 もちろん、「教師が選挙に行く」ことは、一丁目一番地である。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 15, 2013

よりよい交流活動のための手立て

光村図書の「国語教室 小学校版No75」の中に、「交流活動を充実させる教師の働き」という提言がある(P6.7)。
椙田萬理子氏の提言を抜粋すると

①交流活動の前に大事なことは、書く活動を取り入れ、自分の考えをもてるように時間を保障することである。

・・・逆に言うと、自分の考えも十分持たせていない状態で「相談しましょう・話し合いましょう・交流しましょう」という授業はダメですよ、ということだ。
教師すら、明快な意見をもたないまま「とりあえず交流」などさせたところで、ゴールがない。
自分の考えを持たせるための一番の方法は、「書かせる」ことである。書いてあれば、「ぼくもそう思ってた」のような後出しジャンケンも回避できる。
「○○だと思います。みなさんどうですか?」
「さんせーい」
といったやりとりでは、本当に賛成だと思っているのかどうかも疑わしい。

②交流活動は、学び合いであり、聞き合いである。友達の考えを聞いて、自分の考えの不備や不十分な点を補ってもらう時間だという意識を児童にはっきりもたせたいものである。
・・・「言いっ放しではだめですよ」ということだ。賢い子の中には、自分の意見を言ったら満足してあとは聞いていない子もいる。他者の意見をきちんと参考にして、自分の意見をよりよいものに整備していくことが集団教育のよさだ。
「パクリ」などといったマイナスの言葉もあるが、人の意見を参考にすることはとっても大事な行為である。なんといっても「学ぶ」は「真似る」なのだから。

③交流活動の後に大事なことは、聞いてどうだったかを振り返るために、書く作業を取り入れることである。
・・・②と重なるが「いくら自分の意見がよかったとしても、交流後に変容しないようでは、学びがない」ということだ。
自分の意見を固執するのではなく、柔軟に他者の意見を受容する寛容な態度が大事である。
言うのは簡単だが、実際はなかなか難しい。

④なんのために交流活動を行うのか、そのねらいを児童に伝えること
・・・冒頭にも述べた。「とりあえず話し合いさせてみよう」といったイージーな設定では、子どもに力は付かない。

さて、椙田氏の提言にはないが、どうしても加えておきたいのは
・子どもの意見を十二分に想定しておくこと、
・どの程度の意見を望むかを明確にしていくこと
・意見の質が低くとどまった時は、次の指導の手を講じること

いわゆる「評価基準」の設定であり、「指導と評価の一体化」である。
どこまで子どもを伸ばしたいかが明確でなければ、子どもは伸ばせない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

「子どもを不幸にする一番確実な方法」

◆『子どもを不幸にするいちばん確実な方法は、
  いつでも、なんでも手に入れられるようにしてやることである』

http://meigen.shiawasehp.net/r/j-rousseau01.html

・・・フランスの思想家ルソーの言葉として紹介されている。


◆子供を不幸にする一番確実な方法は何か、それをあなたがたは知っているだろうか
それはいつでも何でも手に入れられるようにしてやることだ

【ジャン ジャック ルソー】
出典 参考文献  エミール、人生を励ます言葉
http://www.mm-labo.com/culture/WiseSaying/ka/kodomowofukounisuruichibankakujitsunahouhou.html

◆子供を不幸にする一番確実な方法は、
いつでも、なんでも手に入れられるようにしてやる事である。

http://www.fesh.jp/detail_1298.html

・・・検索して、ルソーのこの格言が、いくつかヒットした。
 微妙に違いがある。
 実際に自分で原典にあたっていないので気が引けるが、18世紀、ルソーの生きた時代から、このように子どもへの過保護は戒められてきたのかと思うと、「深い」!。

 「子どものやりたいことを伸ばせるように、あらゆる協力をおしまないのが親の務めだ」という声が聞こえてきそうだ。
 しかし、いつでもなんでも手に入れられる環境の方が、子どもにはよくないということだ。
 一方で、この格言を言い訳にしての放置や無関心は許されない。
 「いつでもなんでも与えないことが子どもを幸福にする」とは書いていない。
 
 与える部分と、与えない部分のさじ加減は結構難しい。
 これは、永遠の教育(子育て)の課題ではないかと思う。
 

| | Comments (229) | TrackBack (0)

July 13, 2013

愛知県交通事故の最大の要因はナゴヤバシリでよいのか?

7月2日の中日新聞に、「ナゴヤバシリは違反 県警、取り締まり強化」という記事が掲載された。
http://www.chunichi.co.jp/article/aichi/20130702/CK2013070202000045.html

◆県内の交通死亡事故が今年も多発している。死者数は六月三十日現在、全国ワーストの百九人(前年同期比四人増)と、二位の静岡県より二十一人も多い。車両台数が全国で最も多く、免許人口も全国四位と事故が多くなる背景はあるが、「ナゴヤバシリ」と呼ばれる地域特有の危険な走行も大きな要因だ。県警は「マナーの問題というより、完全な違反行為」として、取り締まりを強化している。

道路の広い名古屋市内などでみられるナゴヤバシリ。県警によると八パターンあり「二車線を左右に割り込みながら進む」「右矢印の信号が出ているのに左折する」「横断歩道に歩行者がいても止まらない」などが代表的だ。交差点内での違反が多いという。

「県警の担当者は『最大の要因は運転モラルの低さ』」と述べているが、
【車両台数全国1位】
【免許人口全校4位】
も、なかなかの原因だと思う。

ちなみに、「あいちの交通安全対策」のサイトには、
○科学的なPDCA
事故対策は、学識者・関係機関を交え、科学的に事故原因や改善効果を検証し、効果的・効率的に実施
とある。
http://www.pref.aichi.jp/douroiji/aichi_kotsuanzen/hoshin/index.html

科学的な見地や、いわゆる「ビッグデータ」から、原因を分析し、対策を講じてほしい。
同サイトには、次のような解説もある。

◆幹線道路対策などの交通事故対策に全力で取り組んでいきます。

◆また、県内の交通事故死者数の約半数が高齢者であり、今後一層の高齢者の増加が見込まれます。このため、少子高齢社会に対応した生活圏や交通基盤の整備が必要となっており、人優先の考えの下、歩行空間のバリアフリー化や通学路の歩道整備など、安心・安全な歩行空間の確保に取りくんでいきます。

◆道路拡幅による抜本対策に加え、現道内で即時効果発現可能な速効対策を活用しより広範かつ機動的に対策実施

【交通事故死者数の約半数が高齢者】
という結果については、次のサイトにも書いてある。
http://www.cbr.mlit.gotinami.jp/road/ir/genki_chubu/05_2.htm

◆残念ながら、平成17年度に愛知県の交通事故死者数は全国ワースト1となり、その4割は高齢者です。
 都市部では交差点の事故、地方の山地部では車線逸脱の正面衝突事故が多発する傾向にあり、こうした事故特性にあった対策が必要です。

ちなみに、同サイトは、【渋滞の増加】も原因としてとらえているようだ。

◆名古屋圏に加え静岡市、津市などの地方都市圏においても、依然として大きな渋滞が発生しており、また、平成16年度からの変化では、名古屋圏から放射状に伸びていく幹線道路で渋滞が増加する傾向です。 さらなる渋滞緩和対策が必要です。


また、愛知県警は、別の資料で、交通事故多発の原因を3つ述べている。

◆愛知県では、平成21年に交通事故で亡くなられた方が前の年よりも減少したものの5年連続全国ワースト1位の悲しい記録が続いています。
交通事故の多発要因として、
① 自動車の保有台数が全国1位であること。
② 自動車への依存率が首都圏や京阪神圏に比べて極めて高いこと。
③ 幅員の広い道路が整備されて速度が出やすいこと。
などの特徴が挙げられます。
交通事故の犠牲者を減らし、人命優先の交通社会を目指すために、愛知県警察では3つのポイントに力を注ぎ、交通事故の抑止をめざします。
http://www.police.pref.aichi.jp/data_pdf/shingou-3.pdf

という流れで、「信号機の運用方法見直しによる交通事故防止対策の推進」に取り組んでいる。「信号機制御の見直しにより幹線道路での自動車の高速走行を抑止させます」ということで、速度オーバーすると、次の信号で必ず赤で引っかかるよというシステムだ。
そのほか「歩車分離式信号機を積極的に増やします」「押ボタン式信号機の運用の見直し」が挙げられている。

 まとめてみる。

 県警の担当者は①「最大の要因は運転モラルの低さ」と述べている。
 県警の資料には、交通事故の多発要因として、次の3つの特徴を挙げている。
 ② 自動車の保有台数が全国1位であること。
 ③ 自動車への依存率が首都圏や京阪神圏に比べて極めて高いこと。
 ④ 幅員の広い道路が整備されて速度が出やすいこと。
 別の資料では、⑤都市部では交差点の事故、⑥地方の山地部では車線逸脱の正面衝突事故が多発する傾向にあるとの指摘もある。
 そして「交通事故死者数の約4割が高齢者」というデータもある。
 事故対策は、学識者・関係機関を交え、科学的に事故原因や改善効果を検証し、効果的・効率的に実施するとある。
 ナゴヤバシリのような愛知県民のモラルの低さが最大の要因という担当者の意見は科学的か、もちろん事故対策は多様に取り組んでもらってかまわないが、「科学的なPDCA」であってほしい。

| | Comments (48) | TrackBack (0)

« June 2013 | Main | August 2013 »