« 「本音の若者論」~そこそこの幸福感~ | Main | 「あまちゃん」「浜田省吾」「想像ラジオ」 »

September 15, 2013

「ぼくは川」「われは草なり」を、どう読むか?

「ぼくは川」(小4光村)という詩がある。

「ぼくは川」 坂田寛夫

じわじわ広がり
背を伸ばし
土と砂とをうるおして
くねって うねって ほとばしり
とまれと言っても もうとまらない
ぼくは川
真っ赤な月にのたうったり
砂漠の中に渇いたり
それでも雲の影うかべ
さかなのうろこを光らせて
あたらしい日へほとばしる


 1行目と2行目が分かれているので、七五調が把握しづらい。
 それは、それとして、問題は話者だ。
  話者は「川」。
 では、この「話者は川」というのは、次のABのどちらなのか・

A:「川」そのものが話者である。

B:「川」のつもりになった人間が話者である。
  「川」にあこがれた話者が、川へのあこがれを描いている。

 同じことを以前「我は草なり」でも考えたことがある。
======================
September 05, 2011

「われは草なり」の教材解釈

 サークル例会で「われは草なり」(高見順)の模擬授業があった。

われは草なり  伸びんとす        
伸びられぬ日は 伸びぬなり       
伸びられる日は 伸びるなり

と続く詩。

 話者は誰ですか?  「われ」です。
「われ」とは誰のことですか?  「草」です。

ということで、話者=われ=草 ということで模擬授業が進んでいった。

 「われは草なり」だから「わがはいは猫である」
と同じように「話者=われ=草」と考えて、草の一人語りのように考えている。

 しかし、自分は、文語調の力強さから、「われ=草」ではなく、「われ=人間」としてとらえた。
 自分も草のように生きていきたい、という「雑草魂」のような願いを込めた詩、話者は、草の生き方に憧れる「われ」という人物だと読んだ。

 だから、例会後、WEBで「話者=われ=草」とだけ書かれた実践を読んで疑問を感じた。
 ただし、松藤司先生のサイトは 
http://www5a.biglobe.ne.jp/~tukasamt/warehakusanari.htm 

◆発問5 この詩は何かを草にたとえています。何を草にたとえているのですか。
   自分、人間、若者

という問いがあるから、「われ=人間」という解釈を前提に進んでいる。

 文芸研の解説も検索できた。
http://www5.synapse.ne.jp/heart/riron-jissen/5nen.html#se...
に文芸研の「教材の見方」が付いている。

7 われは草なり  (高見順)
◆ありふれた草に寄せる人生
 高見順という人の詩は、人生論的、哲学的な詩が多いのです。この詩もそういう系列の詩と言っても良いと思います。
 〈われは草なり〉――草自身が「われは草なり」と言っていると取ってもいいけれど、人間である我々が、自分を草になぞらえて、「われは草なり」と、一種の比喩として歌っていると見てもさしつかえありません。
 〈われは草なり/伸びんとす〉というように、全体を通して、七・五という調べで、二行ずつくり返しています。七・五調で、しかも文語調ですから、非常に整った形をもった、格調ある詩ということが言えると思います。そして、草というものを題材として、ありふれた平凡なもののもつ美しさとか、情緒とか、すばらしさとか、そういうものを誇らかに歌いあげた詩と言ってもいい。

・・・ 草自身でもいいけど、人間が草になぞらえていると見てもいい、という両論併記の立場である。

 「みたい・のようだ」という表記のない比喩は、「男はオオカミだ」「君は僕の太陽だ」みたいなタイプで「暗喩」。
 草が人間のように語っていると捉えたら、それは「直喩」であり「擬人法」である。
=======================

 また、新川和江の「わたしを束ねないで」では、各連で「わたしは○○」と歌っている。
 
 わたしを束ねないで/あらせいとうの花のように/
 白い葱のように/ 束ねないでください 
 わたしは稲穂
 秋 大地が胸を焦がす/ 見渡すかぎりの金色の稲穂

 わたしを止めないで/標本箱の昆虫のように/
 高原からきた絵葉書のように/ 止めないでください
 わたしは羽撃き
 こやみなく空のひろさをかいさぐっている/ 目には見えないつばさの音
 (以下略)

・・・あたりまえだが、これは「話者が○○」という意味ではない。
「わたしは稲穂」「わたしは羽ばたき」という表現は、そうなりたい・そうありたいという気持ちの現れである。

 「私は○○」という表現は、「吾輩は猫である」や『のはらうた』の「おれはかまきり」が特例であって、通例は「なりたいものへの憧れ」として表現されるのではないだろうか、というのが実感である。

 「ぼくは川」
 「われは草なり」

 いずれも、「なりたいものへの憧れ」で読むべきだと思う。
 それは、先のダイアリーに重ねて書くと、
 
 表の意味は「川」「草」になりきった詩
 裏の意味は「川」「草」になりたい作者の思い

ということになる。

参考:TOSSランドに「ぼくは川」の太田雅之先生の指導例がある。
話者を大人か子どもかと問うのは、どういう意図なのか、ちょっと分からなかった。

http://www.tos-land.net/teaching_plan/contents/17403
【授業の流れ】
1.音読
2.視写
3.詩の設定を押さえる。
 ①話者は誰ですか。
 ②大人ですか。子供ですか。
 ③ぼくはどんな性格だと思いますか。
4.イメージをもたせる。
 ①ぼくはどんな様子で進んでいますか。
 ②ぼくから見えるものは何ですか。
5.作品の中心を考えさせる。
 ①ぼくが一番言いたいのはどの部分ですか。
 ②ほとばしろうとするぼくを邪魔している部分があります。どこですか。
 ③「真っ赤な月」「砂漠」という言葉からどのようなことをイメージしますか。
6.詩のリズムに気付かせる。
 ①詩の中でおかしなところが一か所あります。どこですか。
7.それぞれの読み方で朗読させる。
8.感想を書かせる。

|

« 「本音の若者論」~そこそこの幸福感~ | Main | 「あまちゃん」「浜田省吾」「想像ラジオ」 »

Comments

Greate post. Keep writing such kind of information on your page. Im really impressed by your blog. Hey there, You have performed a fantastic job. I'll definitely digg it and in my view recommend to my friends. I am confident they will be benefited from this site.

Posted by: Nashvilleseo.org | February 07, 2014 03:20 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ぼくは川」「われは草なり」を、どう読むか?:

« 「本音の若者論」~そこそこの幸福感~ | Main | 「あまちゃん」「浜田省吾」「想像ラジオ」 »