« 拝啓 鳥羽美花さま | Main | 緒方洪庵の12か条の医戒に学ぶ »

June 15, 2014

国語教育 2014年7月号(明治図書)

Cover_2


国語教育 2014年7月号の特集は

◆授業に密着“新ワークシート”開発と活用◆

私も書かせてもらった。

▼国語ワークシート=どんなタイプ・どんな活用法があるか

本校でも、多くの先生がワークシート・書き込みプリント・ミニテストなどさまざまな印刷資料を用意している。
一方で、ノート指導も行っている。

自分できちんと定規を使ってノートに表をつくることも大事な勉強である。
時間短縮のためにワークシートで表を配付してしまうことが、必ずしも「ベストな対応」とは言えない。

ワークシートは、書き込みスペースをある程度想定して作成する。
それでも、個々に文字の大きさなどが異なるので、書きにくさを感じる子もいる。
ノートなら枚数制限はない。どんどん書き足せばよい。
それを思えば、書き込む場所を指定した配慮したワークシートが、必ずしも「ベストな対応」とは言えない。


ほかにも、何点か注意点はあるが、やはり1つの課題に効率的に取り組ませたい場合もある。
一斉回収もコピーも掲示もノートより簡便である。
ワークシートのもつ短所を意識しながら、特集されたワークの効用を読むとよい。
市販ワークもよいが、自分の授業プランに正対させるには、自作ワークを作成する心意気も大事だと思う。

|

« 拝啓 鳥羽美花さま | Main | 緒方洪庵の12か条の医戒に学ぶ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国語教育 2014年7月号(明治図書):

« 拝啓 鳥羽美花さま | Main | 緒方洪庵の12か条の医戒に学ぶ »