« 「正直」のエピソード~中江藤樹~ | Main | 国語教育 2014年7月号(明治図書) »

June 08, 2014

拝啓 鳥羽美花さま

 021

 先日、はるひ美術館の個展に行ってまいりました。
 門外漢で、作品そのものにはコメントできないのですが、身の丈を超える大きな作品群の迫力(気魄)に圧倒されました。
 あの繊細であった鳥羽さんのどこにそれだけのパワーがあるのかと思いました。
 もちろん繊細さあっての「型染め」です。細やかな、そして根気のいる作業です。
 鳥羽さんの日々の鍛錬の賜物なのでしょう。
 会場で流れる映像を観ながら、20年30年と鳥羽さんが努力された姿を思い浮かべました。

 小学校・中学校・高校の同級生として誇らしい気持ちでいっぱいです。
 しかし、ただ「誇らしい」と口にするだけでは、自分が恥ずかしくなります。
 鳥羽さんほどの活躍はできませんが、私は私で与えられた場所で、ささやかながら自分の痕跡を残していきたいと思います。

 すばらしい作品を見せていただき、ありがとうございました。
http://www.toba-mika.net/

|

« 「正直」のエピソード~中江藤樹~ | Main | 国語教育 2014年7月号(明治図書) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 拝啓 鳥羽美花さま:

« 「正直」のエピソード~中江藤樹~ | Main | 国語教育 2014年7月号(明治図書) »