« 身近なところに陽明学「知行合一」 | Main | 「ありのまま」を受け入れる »

August 20, 2014

あらすじを書かせるにのも、手順がある

 ある研究会の講演(というか模擬授業)に参加した。
 「大造じいさんとガン」を黙読した後、

「あらすじを書いてください」

という指示があった。

 条件が付くかと思って待っていたが、無条件だった。
 無限定に書かせてわざと混乱させているのかと思ったが、そういう意図でもなかった。

◆文字数の指定がない。
◆文の数にも指定がない。

 このような荒い指示では、子どもが混乱する。
 このような荒い指示では、できない子に寄り添えない。
 自分は「はじめ・なか・おわり」の3文とした。自分が粗筋を書かせるなら、最低でもそのくらいの指定をする。
 講師の先生が指名発表させたある先生は一文だった。
 講師の先生の内心には、評価基準があるのだろう。
 しかし、それが明示されないと、書く側は混乱する。
 しかも、最後までどんな粗筋が望ましいのかは示されなかったので、自分の粗筋が適正かどうかの自己評価もできなかった。

◆文字数を示す
◆入れるべきキーワードをみんなで検討し、指定する。

という手順があるから、向山型の要約指導なら、誰もが同じような要約文を書ける。
 それは、どうしたら苦手な子にも書かせられるかを配慮した工夫である。
 このような配慮こそが「授業のユニバーサルデザイン」である。 

|

« 身近なところに陽明学「知行合一」 | Main | 「ありのまま」を受け入れる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference あらすじを書かせるにのも、手順がある:

« 身近なところに陽明学「知行合一」 | Main | 「ありのまま」を受け入れる »